マクシミリアン・カール・フォン・トゥルン・ウント・タクシス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トゥルン・ウント・タクシス侯マクシミリアン・カール

マクシミリアン・カール・フォン・トゥルン・ウント・タクシスドイツ語:Maximilian Karl von Thurn und Taxis, 1802年11月3日 レーゲンスブルク - 1871年11月10日 レーゲンスブルク)は、トゥルン・ウント・タクシス侯(在位:1827年 - 1871年)、トゥルン・ウント・タクシス郵便総裁。

トゥルン・ウント・タクシス侯カール・アレクサンダーとその妻でメクレンブルク=シュトレーリッツ大公カール2世の娘テレーゼとの間の次男として、ザンクト・エメラム修道院宮殿で生まれた。1827年に父が亡くなると、侯爵家家長およびフランクフルト・アム・マインに本社を置くトゥルン・ウント・タクシス郵便の総裁を引き継いだ。1866年にフランクフルト自由市プロイセン王国に併合されると、マクシミリアン・カールは翌1867年7月1日、金銭的補償と引き替えにトゥルン・ウント・タクシス郵便をプロイセン政府に売却することを余儀なくされ、トゥルン・ウント・タクシス家によるヨーロッパ郵便網の独占支配は終わった。

マクシミリアン・カールは1828年8月24日にレーゲンスブルクにおいて、プロイセンの高級官僚エルンスト・フォン・デルンベルク男爵の娘ヴィルヘルミーネと結婚した。夫妻は世継ぎのマクシミリアン・アントンを含む5人の子女をもうけたが、ヴィルヘルミーネは1835年に亡くなった。

1839年1月24日、マクシミリアン・カールはエッティンゲン・イン・バイエルンにおいて、エッティンゲン=エッティンゲン侯およびエッティンゲン=シュピールベルク侯ヨハンネス・アロイジウス3世の娘マティルデ・ゾフィーと結婚し、間に12人の子女をもうけた。

先代:
カール・アレクサンダー
トゥルン・ウント・タクシス侯
1827年 - 1871年
次代:
マクシミリアン・マリア