マウリシオ・バエズ橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マウリシオ・バエズ橋
正式名称 Puente Mauricio Báez
別名 Puente Higuamo or Puente Báez
通行対象 Main Road #4(サンペドロ・デ・マコリスバイパス)
交差 en:Higuamo River, ドミニカ共和国
所在地 サンペドロ・デ・マコリス近郊
維持管理 SEOPC
形式 斜張橋
全長 606 m
最大支間長 390 m
開通 2007年1月19日
座標 北緯18度30分03秒 西経69度20分15秒 / 北緯18.500726度 西経69.337454度 / 18.500726; -69.337454座標: 北緯18度30分03秒 西経69度20分15秒 / 北緯18.500726度 西経69.337454度 / 18.500726; -69.337454

マウリシオ・バエズ橋(マウリシオ・バエズはし、スペイン語: Puente Mauricio Báez, 英語: Mauricio Báez Bridge)は、ドミニカ共和国の東に位置する首都サントドミンゴの東約40 km、サンペドロ・デ・マコリスの近くにある斜張橋である。それはドミニカ共和国やカリブ海諸国において最も近代的な橋のひとつである。橋は古い吊り橋と架け替えられた。

橋の建設費は、ドミニカ・ペソでおよそ10億ペソであった。レオネル・フェルナンデス大統領の承認後、SEOPC (公共事業と交通に関する国務長官)によって支払われた。2007年1月19日に開通した、カリブ海諸国の中で最も長い長径間を持った斜張橋である。

外部リンク[編集]