レオネル・フェルナンデス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Leonel Fernández
Leonel Fernandez Reyna.jpg

任期 2004年8月16日2012年8月16日
副大統領 ラファエル・アルブルケルケes
任期 1996年8月16日 – 2000年8月16日
副大統領 ハイメ・ダビ・フェルナンデス・ミラバルes

出生 1953年12月26日(60歳)
ドミニカ共和国サントドミンゴ
政党 ドミニカ解放党スペイン語版英語版
配偶者 マルガリータ・セデーニョes
署名 FirmaLF.jpg

レオネル・フェルナンデス(Leonel Fernández、1953年12月26日 - )は、ドミニカ共和国の政治家。これまでに大統領を三期務めた。

略歴[編集]

サントドミンゴ生まれで、サントドミンゴ自治大学を卒業後、アメリカ合衆国フランスメキシコベネズエラに就学、マスコミ関係、弁護士を経て、ドミニカ解放党スペイン語版英語版中央委員会メンバーとして政界に入る。大統領選では1996年に初当選、2000年には落選したものの、2004年に二選、2008年には三選を果たした。

2006年に日本を訪問し、今上天皇皇后と会見、首相の小泉純一郎および衆院議長の河野洋平(いずれも当時)と会談を行った。

2012年の大統領選挙には出馬せず、同党のダニーロ・メディーナスペイン語版英語版を後継者とした。メディーナは5月20日に実施された選挙で、対抗馬のラファエル・イポリト・メヒーア・ドミンゲススペイン語版英語版候補を僅差で破り当選した[1]

脚注[編集]

外部リンク[編集]