ボイラー・メーカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ボイラー・メーカー (Boiler Maker) は、ビールベースのカクテル[1]

由来[編集]

諸説ある。

  1. アメリカの発電用ボイラー建設に従事していた作業員が、一発で酔っ払うために、飲みかけの缶ビールの缶の中にバーボンを入れて飲んだ[1]
  2. 飲むとボイラーが燃える様に体が熱くなる。

材料[編集]

作り方[編集]

グラスにビールを注ぎ、その中にショット・グラスに注いでおいたウイスキーを落として沈める[1]。タンブラーグラスにウィスキーを注ぎ、そこによく冷えたビールを注ぐ作り方もある。

また、ストレートのウイスキーのチェイサーとしてビールを飲むだけでもボイラー・メーカーと呼ばれる[1]

備考[編集]

  • このカクテルは韓国爆弾酒とも呼ばれている。
  • ウィスキーをテキーラに変えるとサブマリノというカクテルになる。

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 端田晶 「第一講義 これが秘伝の三度注ぎ」『もっと美味しくビールが飲みたい! - 酒と酒場の耳学問』 講談社〈講談社文庫〉、2008年7月15日、第1刷、48、49ページ。ISBN 978-4062761130