ホーランド・アメリカライン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ホーランド・アメリカライン (Holland America Line) は、アメリカシアトルに本拠を置くクルーズ会社。通称はHAL。

傘下に帆船クルーズのウインドスター・クルーズを収めている他、アラスカ全土でホテル業を営んでいるウエストマーク・ホテルズを支配下においており、アラスカ鉄道に自社の展望車を連結、観光地ではHALのロゴがついたバスを始終走らせるなど、アラスカの観光業界をプリンセス・クルーズと二分している。

歴史[編集]

1871年2月8日、ロッテルダムで設立されたプラッテ・ロイヒリン合資会社(オランダ語: C.V. Plate Reuchlin & Co)が、母体である。1873年4月18日にアメリカとヨーロッパを結ぶ海運会社、ネーデルランス・アメリカーンス・ストームファールト・マーツファッペイ(NASM:Nederlandsch Amerikaansche Stoomvaart Maatschappij、ネザーランド・アメリカ・スチームカンパニー)が設立され、これが公式の設立日となっている。ホーランド・アメリカライン(Holland-Amerika Lijn)の名称は設立当時より使用されていたが、これが社名となったのは1896年のことであった[1]

数々の船を用いてオランダとオランダ領東インドへとの通運、あるいは大陸間の通運で数多くの人と荷物を運んだが、人の移動が客船から飛行機に移り変わったため海運会社からクルーズ会社へと転身。1989年カーニバル・コーポレーションの子会社となって現在に至っている。

ブランドの特徴[編集]

ランクはプレミアムで、ラグジュアリーほどではないが格調が高い。このため、ドレスコードもカジュアルよりもインフォーマルの日が多い。

以前に使った船名を後継船を受け継がせる、他のオペレーターが船名の命名基準がブランドと船名がくっきりと分けるのに対し、全て〇〇〇ダムと融合しているところなど、歴史や伝統というものに拘りを持っているのが特徴である。船体も白と濃紺に塗り分ける、船内をアンティークや美術品でデコレーションしているなど古き良き遠洋航海時代の客船を意識している。また、すっかりアメリカ系の会社になってしまったがキャビンスチュワードを旧オランダ領のインドネシア系に限定するなど、オランダとのつながりを忘れていない。

活動エリアは世界広域でベストシーズンなエリアをローテーションを組んで回る。アラスカに強い。

客船の特徴[編集]

以前は数種類のタイプの客船が混在していたが、2010年現在、5万~6万トン級のスタテンダム級、ロッテルダム級と8万トン級のザイデルダム級、ユーロダム級でほぼ占められている。 1週間からそれ以上の日程で巡航するので、長い日程を気楽にすごせるようにと乗客数を控えめに抑え、プールにはスライディングルーフをつけてどの地域でもスミングができるようにと居住性を重視した作りになっている。スタンダードの面積が他社と比較して広めであり、他のプランドではミニスィート以上でしかつかないバスタブが、HALではアウトサイドからつく傾向にある。

ただし、ブランドを大切にする余りにどの船も内装が似たりよったりになる傾向があり、そのため船ごとの個性に欠けるきらいがある。

クローズ・ネスト
意訳すると「鴉の寝床」であるが、船の場合には前方の見張り台になる。転じてHALはフォワード・ラウンジの名称として使われている。
エクスプローラー・ラウンジ
低階層に置かれている小規模なラウンジ。ロイヤルダッチティーが行なわれる場所になる。

船隊[編集]

就航中[編集]

ザイデルダム
アムステルダム(60,874トン)
神戸ポートターミナルに接岸中
  • ユーロダム級(シグネチャー・クラス)(総トン数 86,273トン)
    • ユーロダム(Eurodam)
    • ニュー・アムステルダム(Nieuw Amsterdam)
  • ザイデルダム級(ヴィスタ・クラス)(総トン数 82,305トン)
  • ロッテルダム級(総トン数 59,652トン)
  • スタテンダム級(総トン数 55,819トン)
    • スタテンダム(Statendam)
    • マースダム(Maasdam)
    • ラインダム(Ryndam)
    • フェーンダム(Veendam)
  • プリンセンダム(Prinsendam)(総トン数 37,983トン)

建造中[編集]

  • ピナクル・クラス
    • コーニングスダム(Koningsdam) (総トン数 99,500トン) 2016年2月完成予定

過去の船隊[編集]

船名 在籍期間
ロッテルダム (初代)(Rotterdam) 1873年-1883年
マース(Maas)
マースダム (初代)(Maasdam)
1873年-1883年
1883年-1884年
W.A.ショルテンオランダ語版(W.A. Scholten) 1874年-1887年
(P. Caland) 1874年-1897年
スキーダム(Schiedam) 1877年-1897年
アムステルダム (初代)(Amsterdam) 1880年-1884年
エダム (初代)(Edam) 1881年-1882年
レールダム (初代)(Leerdam) 1882年-1889年
ザーンダム(Zaandam) 1882年-1897年
エダム (2代)(Edam) 1883年-1895年
ロッテルダム (2代)(Rotterdam)
エダム (3代)(Edam)
1886年-1895年
1895年-1899年
アムステルダム (2代)(Amsterdam) 1887年-1905年
フェーンダム (初代)(Veendam) 1888年-1898年
オブダム(Obdam) 1889年-1898年
ウェルケンダム(Werkendam) 1889年-1900年
マースダム (2代)(Maasdam) 1889年-1902年
スパールンダム (初代)オランダ語版(Spaarndam) 1890年-1901年
ディダム(Didam) 1891年-1895年
デュベルダム(Dubbeldam) 1891年-1895年
ロッテルダム (3代)(Rotterdam) 1897年-1906年
スタテンダム (初代)英語版(Statendam) 1898年-1910年
ポツダム英語版(Potsdam) 1900年-1915年
ゾーストデイク (初代)(Soestdyk) 1901年-1923年
ラインダム (初代)英語版(Ryndam) 1901年-1929年
アムステルデイク (初代)(Amsteldyk) 1901年-1924年
スローターデイク (初代)(Sloterdyk) 1902年-1924年
ノールダム (初代)(Noordam) 1902年-1928年
ニュー・アムステルダム (初代)(Nieuw Amsterdam) 1906年-1932年
ロッテルダム (4代)オランダ語版(Rotterdam) 1908年-1940年
アンデイク (初代)(Andyk) 1909年-1930年
マールテンスデイク(Maartensdyk) 1909年-1923年
ゴルレデイク (初代)(Gorredyk) 1909年-1923年
ゼイルデイク(Zijldyk) 1909年-1928年
ソンメルスデイク (初代)(Sommelsdyk) 1909年-1910年
ザーンデイク (初代)(Zaandyk) 1909年-1917年
ソンメルスデイク (2代)(Sommelsdyk) 1912年-1930年
(Zuiderdyk) 1912年-1922年
(Noorderdyk (I)) 1913年-1917年
オーステルデイク(Oosterdyk) 1913年-1918年
ウエステルデイク(Westerdyk) 1913年-1933年
フェーンデイク(Veendyk) 1914年-1933年
(Waaldyk) 1914年-1929年
マースデイク(Maasdyk) 1915年-1922年
(Eemdyk (I)) 1915年
(Poeldyk (I)) 1915年-1928年
(Blommersdyk (I)) 1916年
ビューケルスデイク英語版(Beukelsdyk) 1916年-1923年
エイセルデイク(Ijsseldyk) 1916年-1926年
スタテンダム (2代)英語版(Statendam) 1917年
スキーデイク (初代)(Schiedyk) 1917年-1926年
ザーンデイク (2代)(Zaandyk) 1918年-1923年
(Noorderdyk (II)) 1918年-1931年
(Stadsdyk) 1920年-1932年
(Moerdyk (II)) 1920年-1933年
(Kinderdyk (I)) 1920年-1933年
(Eemdyk (II)) 1920年-1933年
(Vechtdyk) 1920年-1933年
(Warszawa) 1920年-1926年
(Burgerdyk) 1921年-1940年
マースダム (3代)(Maasdam) 1921年-1941年
エダム (4代)(Edam) 1921年-1954年
レールダム (2代)(Leerdam) 1921年-1953年
(Blijdendyk (I)) 1921年-1930年
(Binnendyk) 1921年-1939年
(Dinteldyk (I)) 1922年-1944年
(Breedyk) 1922年-1942年
スパールンダム (2代)(Spaarndam) 1922年-1939年
フォーレンダム (初代)(Volendam) 1922年-1952年
ハーステルデイク (初代)(Gaasterdyk) 1922年-1931年
(Bilderdyk (I)) 1922年-1940年
(Beemsterdyk) 1922年-1941年
(Grootendyk) 1923年-1931年
(Drechtdyk) 1923年-1940年
フェーンダム (2代)(Veendam) 1923年-1953年
スタテンダム (3代)(Statendam) 1929年-1940年
(Delftdyk) 1929年-1952年
(Dongedyk) 1952年-1966年
(Damsterdyk) 1930年-1949年
(Dalerdyk) 1949年-1963年
ニュー・アムステルダム (2代)英語版(Nieuw Amsterdam) 1938年-1974年
ノールダム (2代)(Noordam) 1938年-1963年
ザーンダム (初代)オランダ語版(Zaandam) 1939年-1942年
(Westernland) 1939年-1943年
(Pennland) 1939年-1941年
ソンメルスデイク (3代)(Sommelsdyk) 1939年-1965年
スローターデイク (2代)(Sloterdyk) 1940年-1966年
ウエステルダム (初代)(Westerdam (I)) 1946年-1964年
ザイデルダム (初代)(Zuiderdam) 建造中に大破、建造中止。
(Philip Wouwerman) 1943年-1946年
(Van der Capelle) 1943年-1946年
(Fort Orange)
(Blijdendyk (II) )
1944年-1947年
1947年-1957年
(Duyvendyk) 1946年-1959年
(Andijk) 1946年-1969年
(Eemdyk (III)) 1946年-1960年
アムステルデイク (2代)(Amsteldyk) 1946年-1967年
(Arkeldyk) 1946年-1966年
(Aalsdyk) 1946年-1960年
(Averdijk) 1946年-1967年
(Abbedyk) 1947年-1961年
(Axeldyk) 1947年-1963年
(Aardyk) 1947年-1962年
(Arnedyk) 1947年-1962年
en:Groote Beer 1947年-1963年[2]
(Alblasserdyk) 1948年-1966年
(Arendsdyk) 1948年-1961年
ゾーストデイク (2代)(Soestdyk) 1948年-1967年
(Akkrumdyk) 1948年-1963年
(Almdyk) 1949年-1960年
スキーデイク (2代)(Schiedyk) 1949年-1960年
(Aagtedyk) 1950年-1963年
(Diemerdyk) 1950年-1968年
ラインダム (2代)(Ryndam)英語版 1951年-1972年
ヴァータマンオランダ語版(Waterman) 1952年-1962年[3]
マースダム (4代)(Maasdam) 1952年-1968年
(Appingedyk) 1953年-1962年
セブン・シーズ(Seven Seas) 1955年-1966年
(Kinderdyk (II)) 1956年-1970年
スタテンダム (4代)英語版(Statendam) 1957年-1983年
(Dinteldyk (II)) 1957年-1970年
クローステルデイク(Kloosterdyk) 1957年-1970年
ケルケデイク(Kerkedyk) 1958年-1970年
カンパーデイク(Kamperdyk) 1959年-1972年
ロッテルダム (5代)英語版(Rotterdam) 1959年-1997年
コーレンデイク(Korendyk) 1960年-1972年
ハーステルデイク (2代)(Gaasterdyk) 1960年-1975年
フェーンダム (3代)(Veendam) 1973年-1984年
プリンセンダム (初代)(Prinsendam) 1973年-1980年
ニュー・アムステルダム (3代)(Nieuw Amsterdam) 1983年-2003年
ノールダム (3代)(Noordam) 1984年-2004年
ウェステルダム (2代)(Westerdam) 1988年-2002年
ターミガン(Ptarmigan) 1989年-1997年

出典[編集]

  1. ^ Albert J. Schoonderbeek. “An Outline of the History of Holland America Line part 1”. ホーランド・アメリカライン. 2013年12月8日閲覧。
  2. ^ 船主はオランダ政府。
  3. ^ 船主はオランダ政府。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]