ホソバヒイラギナンテン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホソバヒイラギナンテン
Mahonia fortunei
Mahonia fortunei
(2010年12月28日、オーストラリア
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
: キンポウゲ目 Ranunculales
: メギ科 Berberidaceae
亜科 : メギ亜科 Berberidoideae
: メギ連 Berberideae
亜連 : Berberidinae
: メギ属 Berberis
: ホソバヒイラギナンテン
B. fortunei
学名
Berberis fortunei
Lindl.[1]
シノニム

ホソバヒイラギナンテン(細葉柊南天、学名: Berberis fortunei)は、メギ科メギ属常緑低木

形態・生態[編集]

小葉ヒイラギナンテンよりも細長く、にも色づかない[2]

黄色で、に咲く(ヒイラギナンテンは冬に咲く)[2]

果実は、黒色に熟す[2]

分布[編集]

中国原産[2]

人間との関わり[編集]

公園などに植えられる[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Berberis fortunei Lindl.”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2014年3月3日閲覧。
  2. ^ a b c d 樹木見分けのポイント図鑑』 116頁。
  3. ^ 都市の樹木433』 82頁。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]