ペンタコン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペンタコン6
ペンティ

ペンタコンPentacon )は旧東ドイツに存在したカメラメーカー、およびそのブランドである。

カメラブランドとしてのペンタコンの始まり[編集]

第二次世界大戦後ドイツの東西分裂に伴いツァイス・イコンが分裂した際、東西ツァイスで商標に関して争いがあり、訴訟の結果西ドイツのツァイス・イコンは東側で旧来のブランドを使用できず、東ドイツのツァイス・イコンは西側で旧来のブランドを使用できないこととなった。これに伴い東ドイツのツァイス・イコンで製造が始まっていた一眼レフカメラのコンタックスは東側では「ペンタプリズムを持つコンタックス」との意からペンタコンブランドで販売されるようになった[1]

コンタックス製造ラインとその西ドイツ向けブランドペンタコンは製造元を集中させる国家政策によりコンタックスFM型/ペンタコンFM型以降カメラ・ウェルクシュテーテンに移管された。1953年カメラ・ウェルクシュテーテンはカメラウェルケ(VEB Kamerawerke )に社名を変更した。

カメラメーカーとしてのペンタコンの始まり[編集]

カメラ&キノヴェルケ・ドレスデン、ウェルタ、アルティッサ、アシュペクタは合併し、1964年1月1日ペンタコン(VEB Pentacon )となった。またイハゲーの開発部門を吸収した。

1968年コンビナート・VEBペンタコンに社名を変更、1970年にイハゲーを吸収、1980年にメントールを吸収、1985年にはコンビナート・VEBカール・ツァイスの傘下に入った。

1990年ドイツ統一に伴い競争力を失い、6月30日にコンビナート・VEBカール・ツァイスから離れ、7月1日にペンタコン・ドレスデンPentacon Dresden GmbH )としたが10月2日清算に追い込まれ、シュナイダー・クロイツナッハに吸収された。

製品一覧[編集]

120フィルム使用カメラ[編集]

プラクチシックス/ペンタコン6/エクサクタ66シリーズボディー[編集]

6×6cm判一眼レフカメラ。プラクチシックスIカメラ・ウェルクシュテーテン時代に発売されている。ウェストレベルファインダー式が通常であるが交換でき、アイレベルファインダーやTTL露出計組込みファインダーも存在する。

  • プラクチシックスII(1964年発売)
  • プラクチシックスIIa(1964年発売)
  • プラクチシックスIIa(1966年発売)
  • ペンタコンシックス(1966年発売)
  • ペンタコンシックスTL

エクサクタ66シリーズに移行してからのボディ−はエクサクタ参照。

プラクチシックス/ペンタコン6/エクサクタ66シリーズ用レンズ[編集]

カール・ツァイスブランドは以下の製品が知られている。

  • フレクトゴン50mmF4 - 最短撮影距離0.5m。アタッチメントφ86mmねじ込み。
  • フレクトゴン65mmF2.8 - 最短撮影距離0.75m。アタッチメントφ86mmねじ込み。
  • テッサー80mmF2.8 - 最短撮影距離1m。アタッチメントφ58mmねじ込み。
  • ビオメター80mmF2.8 - 最短撮影距離1m。アタッチメントφ58mmねじ込み。
  • ビオメター120mmF2.8 - 最短撮影距離1.3m。アタッチメントφ67mmねじ込み。
  • ゾナー180mmF2.8 - 最短撮影距離1.7m。アタッチメントφ86mmねじ込み。
  • ゾナー300mmF4 - 最短撮影距離4m。アタッチメントφ86mmねじ込み。
  • ペンタコン300mmF4 - 最短撮影距離3.6m。アタッチメントφ95mmねじ込み。プリセット絞り。
  • ペンタコン500mmF5.6 - 最短撮影距離6m。アタッチメントφ118mmねじ込み。プリセット絞り。
  • シュピーゲルオブジェクティブ1000mmF5.6 - 反射式望遠レンズ。最短撮影距離16m。フィルターは組み込み。

メイヤーブランドは以下の製品が知られている。

  • プリモターE80mmF3.5 - 3群4枚。アタッチメントφ49mmねじ込み。
  • プリモター135mmF3.5 - 3群4枚。アタッチメントφ55mmねじ込み。
  • プリモター180mmF3.5 - 3群4枚。アタッチメントφ67mmねじ込み。
  • テレメゴール300mmF4.5 - 2群4枚。アタッチメントφ82mmねじ込み。
  • オレステゴール300mmF4 - 4群5枚。アタッチメントφ95mmねじ込み。
  • テレメゴール400mmF5.5 - 2群4枚。アタッチメントφ82mmねじ込み。
  • オレステゴール500mmF5.6 - 4群4枚。アタッチメントφ118mmねじ込み。

シュナイダー・クロイツナッハブランドは以下の製品が知られている。

  • Mコンポノン28mmF4 - ベローズ併用マクロレンズ。
  • Mコンポノン50mmF4 - ベローズ併用マクロレンズ。
  • クルタゴン40mmF4 - アタッチメントφ104mmバヨネット。最短撮影距離0.5m。
  • スーパーアンギュロン55mmF4.5 - シフトレンズ。アタッチメントφ104mmバヨネット。最短撮影距離0.5m。
  • クルタゴン60mmF3.5 - アタッチメントφ67mmねじ込み。最短撮影距離0.6m。
  • クセノター80mmF2.8 - アタッチメントφ67mmねじ込み。
  • ビオメター80mmF2.8 - アタッチメントφ67mmねじ込み。最短撮影距離1m。
  • クセノターE80mmF2.8 - アタッチメントφ67mmねじ込み。最短撮影距離1m。
  • エクサクタ80mmF2.8 - アタッチメントφ67mmねじ込み。最短撮影距離0.95m。
  • ジンマーSF135mmF5.6 - ベローズ併用。アタッチメントφ49mmねじ込み。
  • テレクセナー150mmF4 - アタッチメントφ67mmねじ込み。最短撮影距離1.5m。
  • ジンマーS180mmF5.6 - ベローズ併用。アタッチメントφ62mmねじ込み。
  • テレクセナー250mmF5.6 - アタッチメントφ67mmねじ込み。最短撮影距離3m。
  • バリオゴン75-150mmF4.5 - アタッチメントφ95mmねじ込み。最短撮影距離1.8m。
  • バリオゴン140-280mmF5.6 - アタッチメントφ86mmねじ込み。最短撮影距離2.5m。

キルフィットブランドは以下の製品が知られている。

  • マクロキラー90mmF2.8 - 最短撮影距離8in。
  • キラー150mmF3.5 - 最短撮影距離5ft。
  • パンテレキラー300mmF4 - 最短撮影距離5ft11in。
  • テレキラー300mmF5.6 - 最短撮影距離9ft10in。
  • スポーツフェルンキラー400mmF4 - 最短撮影距離16ft5in。
  • フェルンキラー400mmF5.6 - 最短撮影距離32ft10in。
  • ズーマーリフレクター500mmF5.6 - 反射式望遠レンズ。
  • スポーツフェルンキラー600mmF5.6 - 最短撮影距離65ft8in。
  • ズーマーリフレクター1000mmF8 - 反射式望遠レンズ。
  • ズーマー170-320mmF4

135フィルム使用カメラ[編集]

コンタックス/ペンタコンシリーズボディー[編集]

M42マウント。カメラ・ウェルクシュテーテン・グーテ&トルシュより引き継いだ。コンタックス#一眼レフカメラのコンタックス/ペンタコンシリーズを参照のこと。

プラクチカFX/プラクチカMシリーズボディー[編集]

M42マウント。

  • プラクチカFX2
  • プラクチカFX3
  • プラクチカMTL3
  • プラクチカMTL5
  • プラクチカMTL50

プラクチカBシリーズボディー[編集]

バヨネットマウント。

  • プラクチカB200
  • プラクチカB100
  • プラクチカBC1
  • プラクチカBCA
  • プラクチカBCS
  • プラクチカBCC
  • プラクチカBMS
  • プラクチカBM
  • プラクチカBC3
  • プラクチカBX20
  • プラクチカBX10
  • プラクチカBX21
  • プラクチカBX20S

脚注[編集]

  1. ^ 赤瀬川原平『中古カメラ大集合』P242。