ペドロ・アメリコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペドロ・アメリコ(70歳から晩年にかけての撮影)
ペドロ・アメリコ『愛と勉学の守護神に付き添われた夜』

ペドロ・アメリコ・デ・フィゲイレド・エ・メロPedro Américo de Figueiredo e Melo, 1843年4月29日 - 1905年10月7日)は、ブラジルアカデミック絵画画家著作家、美術教師。

生涯[編集]

アメリコはパライバ州アレイア(Areia)に生まれた。1854年リオデジャネイロ市に移り、そこで奨学金を得て、帝国美術学校(Academia Imperial de Belas Artes)に学んだ。さらに勉強するため、ヨーロッパに渡り、パリドミニク・アングル、ジャン=イポリット・フランドラン(Jean-Hippolyte Flandrin)、アントワーヌ・シャルル・オラース・ヴェルネ(Antoine Charles Horace Vernet)の弟子となった。アメリコの絵は多くの称賛を得て、1868年にはブリュッセル自由大学(Université Libre de Bruxelles)で科学の博士号を取得した。

ブラジルに戻ると、一連の傑作を制作しはじめた。その中には、ブラジル全土であまねく知られている、ペドロ1世ポルトガルからの独立を宣言した、その瞬間を描いた『独立か死か!』が含まれる。この作品は数十年前から小学校の歴史の本に掲載されている。アメリコはフィレンツェとリオデジャネイロの両都市で、講師および美学史家としても活躍した。

アメリコはマヌエル・デ・アラウホ・ポルト=アレグレ(Manuel de Araújo Porto-alegre)の娘、カルロタ・デ・アラウホ・ポルト=アレグレ(1844年 - 1918年)と結婚した。共和制の宣言とともに、1890年には、国会議員にも選ばれた。

1905年、フィレンツェで没した。

参考文献[編集]

  • Pedro Américo. Encyclopaedia Itaú Cultural. [1]

外部リンク[編集]