ベンゾトリイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベンゾトリイン
識別情報
特性
化学式 C6
モル質量 72.06 g mol−1
精密質量 72.000000000000 g mol-1
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ベンゾトリイン(Benzotriyne)またはシクロ[6]炭素(Cyclo[6]carbon)は、仮説上の化合物であり、C6分子式を持つ炭素の同素体である。分子は、6つの炭素原子からなる環状構造で、単結合三重結合が交互かまたは全て二重結合で結ばれている[1]

無水メリト酸熱分解等、何度か合成の試みがなされたが[2]、2011年時点で成功には至っていない。

近年の研究では、角歪みの大きさからベンゾトリインは存在しないと結論付けられており、その代わりシクロヘキサエンと呼ばれる準安定種の環状クムレンが形成されると考えられている。

出典[編集]

  1. ^ George A. Adamson and Charles W. Rees (1996). “Towards the total synthesis of cyclo[n]carbons and the generation of cyclo[6]carbon”. J. Chem. Soc., Perkin Trans. 1 (13): 1535–1543. doi:10.1039/P19960001535. 
  2. ^ Ellis K. Fields, Seymour Meyerson (October 1966). “Arynes by Pyrolysis of Acid Anhydrides”. J. Org. Chem. 31 (10): 3307–3309. doi:10.1021/jo01348a046.