ベルン旧市街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界遺産 ベルン旧市街
スイス
上空から見るベルンの旧市街
上空から見るベルンの旧市街
英名 Old City of Berne
仏名 Vieille ville de Berne
登録区分 文化遺産
登録基準 (3)
登録年 1983年
公式サイト ユネスコ本部(英語)
地図
ベルン旧市街の位置
使用方法表示

スイスの首都ベルンには、中世ヨーロッパ都市の姿を今に伝える美しい町並みが残っている。それらの町並みは、1983年ユネスコ世界遺産に登録された。この記事ではその世界遺産「ベルン旧市街」について扱う。

歴史[編集]

ベルンの町は、ツェーリンゲン家ベルヒトルト5世によって1191年に創設された。町は三方を自然の防壁となるアーレ川に囲まれた丘の上に建てられ、残る一方には城壁、堀、ツィットグロッゲ(時計塔)などが築かれた。その後も都市区画は、非常に明瞭な都市化の意図に沿って開発されていった。

1218年にベルヒトルト5世が死去、ツェーリンゲン家の断絶後に、ベルンは神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世から自由都市の特権を得た。1405年の大火災の後で、町はより堅固に再建された。

時代は下って1848年にスイスの首都になると、それを反映して新しい建物も見られるようになった。例えば、連邦院ベルン大学などである。

主な建造物[編集]

アーレ川に囲まれたベルン旧市街

中世から近世にかけての建造物群には次のものがある。中世都市の大部分は18世紀に改修されているが、その元々の特色はよく保持している。

  • ツィットグロッゲZytglogge, 時計塔)
    13世紀に町を囲む外壁の西門として建てられた。1405年の大火により破壊されたが、1530年に

ぜんまい式時計が付けられた。時を知らせる鐘、塔の時計、仕掛け、天文時計はすべて一つの装置によって作動している。

  • ゴシック様式末期の教会
    コレジアル (collégiale) だが、カテドラルと呼ばれることもある。1421年から16世紀末にかけて建造された。高さ100メートルの鐘楼がある。
  • 15世紀のアーケードと地下道
    オリエル (oriel)、砲塔、落とし穴などを備えた特徴的な建造物である。
  • 16世紀の噴水群
    寓話的な彫刻で飾られた噴水が、全ての広場や通り沿いに設置されている。

ギャラリー[編集]

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]