ベルリン動物園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
象の彫像を配した入口

ベルリン動物園ドイツ語: Zoologischer Garten Berlin)は、ドイツ首都ベルリンにある世界最大級の動物園である。開園は1844年8月1日。ドイツ初の動物園であった。 2007年には同園所有のホッキョクグマクヌート」が世界的人気を博した。

沿革[編集]

事故[編集]

2009年4月10日、女性(32歳)がホッキョクグマのプールに転落する事故が発生した。女性は足をジタバタさせ、差し出された棒につかまり、あと少しで救出かと思われたが、再び転落してしまった。ロープをたぐり寄せ、再びはい上がろうとしたとき、ホッキョクグマが水中から女性の尻にかみついた。女性は重傷を負い、病院に搬送された。なおクヌートも現場にいた模様。

その他[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]