ヘーヒシュテット・イム・フィヒテルゲビルゲ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紋章 地図
(郡の位置)
Wappen des Höchstädt im Fichtelgebirge Lage des Landkreises Wunsiedel i. Fichtelgebirge in Deutschland
基本情報
連邦州: バイエルン州
行政管区: オーバーフランケン行政管区
郡: ヴンジーデル・イム・フィヒテルゲビルゲ郡
緯度経度: 北緯50度06分 東経12度05分
標高: 海抜 569 m
面積: 14.95 km²
人口:

1,127人(2013年12月31日現在) [1]

人口密度: 75 人/km²
郵便番号: 95186
市外局番: 09235
ナンバープレート: WUN
自治体コード: 09 4 79 126
行政庁舎の住所: V.-Waldenfels-Platz 2
95186 Höchstädt i.Fichtelgebirge
公式ウェブサイト: www.95186-hoechstaedt.de
首長: ルードルフ・ライヒェル (Rudolf Reichel, CSU)
郡内の位置
Höchstädt im Fichtelgebirge in WUN.svg

ヘーヒシュテット・イム・フィヒテルゲビルゲ (Höchstädt im Fichtelgebirge、公式にはHöchstädt i.Fichtelgebirge)は、ドイツ連邦共和国バイエルン州オーバーフランケン行政管区ヴンジーデル・イム・フィヒテルゲビルゲ郡に属する町村(以下、本項では便宜上「町」と記述する)で、ティーエルスハイム行政共同体を構成する自治体の一つ。

地理[編集]

自治体の構成[編集]

この町は、公式には6つの地区 (Ort) からなる[2]。このうち小集落や孤立農場などを除く集落を以下に列記する。

  • ブラウナースグリュン
  • ヘーヒシュテット・イム・フィヒテルゲビルゲ
  • リューガースグリュン

歴史[編集]

文献上、1298年の記述が初出。1398年には、ローラーの領主が、現在の自治体の領域の2/3を治め、1598年までヘヒシュテットに居を構えた。封建領主は、ニュルンベルク城伯、後にはバイロイト辺境伯であった。1791年プロイセン王国バイロイト侯領の一部となった。1806年に、フランス軍の占領地となり、1810年にはバイエルン王国領となった。1818年、ウンターヘーヒシュテットおよびオーバーヘーヒシュテットという2つの自治体が創設され、1821年に両者が合併し、ヘーヒシュテットとなった。1923年にテンニヒ、1978年にリューゲンスグリュンが、この自治体に編入された。1995年、自治体の名称が、ヘーヒシュテット・バイ・ティーエルスハイムから現在のヘーヒシュテット・イム・フィヒテルゲビルゲに変更された。

紋章[編集]

紋章は、ローラー家の紋章(下部)とホーエンツォレルン家の紋章(黒と白の市松模様)とを組み合わせてできている。

ローラー家は、オーバーヘーヒシュテット城以来の長い伝統のために紋章に採用された。ホーエンツォレルン家は、ヘーヒシュテットを含むゼクスエムターラント(ヴンジーデル郡一帯を指す)を500年間にわたり統治した。紋章に取り込まれた白と黒の市松模様は、こうした結びつきを思い起こさせる。

見所[編集]

  • ペテロ=パウロ教会
  • 城郭博物館
  • 城山にある石組み "die Stoakirch'n"
  • 水車 "Adelsmühle"

引用[編集]

外部リンク[編集]

いずれもドイツ語ページ