ヘンリー・ホランド (第3代エクセター公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Armoiries Holland-Exeter.png

第3代エクセター公ヘンリー・ホランドHenry Holland, 3rd Duke of Exeter, 1430年 - 1475年)は、イングランド薔薇戦争中のランカスター派のリーダーである。

ヘンリーはエクセター公ジョン・ホランドの息子(1447年に父親が亡くなった時、エクセター公領を継承している)で、ヘンリー4世の同母姉エリザベス・オブ・ランカスターの孫であった。そのためヘンリー6世の死後は、非常に王位に近い貴族だったかもしれない。しかしヘンリーは残酷で野蛮で気難しく、気まぐれであったため、ほとんど支持を得られなかった。

また一時期、ロンドン塔の管理者でもあったため、その後ロンドン塔の拷問台は「エクセター公の娘」と呼ばれるようになった。1447年、ヘンリーはアン・オブ・ヨークエドワード4世の姉)と結婚したが、それでもヨーク派に敵対していた。彼はウェイクフィールドの戦い1460年)とセント・オールバーンズの戦い1461年)という、ランカスター派にとっては快勝をした時の指揮官であった。

だがエクセター公も常勝将軍だったわけではなく、タウトンの戦い(1461年)ではランカスター派の指揮官として大敗している。彼は戦闘の後にスコットランドに逃げて、後に同じく追放された王妃マーガレット・オブ・アンジューとフランスで合流している。ヘンリーは訴追され、財産と所領は全て別居中の妻の物となった。1470年のヘンリー6世の短い復活期間に、ヘンリーは地位と財産の多くを取り戻す事ができた。

1471年バーネットの戦いで、エクセター公はランカスター派の左翼を指揮した。この戦いでランカスター派は大敗し、彼自身も重傷を負って戦死したものと思われたが、何とか生き残った。だがその後、彼は捕らえられ収監され、アンとは1474年に離婚した。1475年、エクセター公はエドワード4世のフランス遠征に「志願」した。その帰りの航海の最中、船外に転落して溺死した。一部では「国王の命令で船外に放り出された」という意見もある。

ヘンリー・ホランドには娘が1人いる。

公職
先代:
サフォーク公
海軍司令長官
Lord High Admiral

1450年 - 1461年
次代:
ケント伯
イングランドの爵位
先代:
ジョン・ホランド
エクセター公
1447年 - 1475年
次代:
消滅