ヘルパーウイルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヘルパーウイルス(: helper virus)とは単独では増殖できないヘルパー依存ウイルス(en:helper dependent virus)の増殖を助けるウイルスの総称。ヘルパーウイルスはヘルパー依存ウイルスと重感染した場合にヘルパー依存ウイルスのゲノムの複製に必要な酵素を提供する。例えば、D型肝炎ウイルスは単独では増殖できないが、ヘルパーウイルスとしてB型肝炎ウイルスの存在下では増殖することができる。

参考文献[編集]

  • 東匡伸、小熊惠二編集 『シンプル微生物学 改訂第3版』 南江堂 2000年 ISBN 4524220577