プリスクス・アッタルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
西ローマ帝国簒奪帝
Priscus Attalus Siliqua.jpg
プリスクス・アッタルスのコイン

プリスクス・アッタルス (416年以降死去)は409年と414年の二度、西ゴートの支援の元でローマ皇帝ホノリウスローマの簒奪帝en:Roman usurper)となった。

プリスクス・アッタルスはアジアから移住していたギリシア人で、彼の父はヴェスパシアヌス帝時代にイタリアに移住した。アッタルスは重要な ローマ元老院議員 で、409年にはプラエフェクトゥス・ウルビen:List of urban prefects of Rome)の職にあった。彼は二度、ラヴェンナにおいて、無力な皇帝ホノリウスに対して西ゴートが課した条件の元で、西ゴートにより二度皇帝として宣言された。

彼は409年の間、ローマで皇帝の称号を保持し、その後414年にはボルドーでも皇帝の称号を保持した。彼は数ヶ月間のみ、支配した。一度目はアラリック が、皇帝ホノリウスとの交渉の妨げになると考えた時に終わり、二度目は、西ゴートの支援を失った時に終わりをつげた。その後ホノリウス派の捕囚となり、416年には、ローマ市街で行われたホノリウスの凱旋式への参加を義務づけられた。その後アッタルスは、リーパリ島へ追放され、最後の日々を送った。

外部リンク[編集]

先代:
ガビニウス・バルバルス・ポンペイアヌス
プラエフェクトゥス・ウルビ
409
次代:
マルキアヌス