プセウドニッチア属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プセウドニッチア属
Pseudonitzschia seriata.jpg
Pseudo-nitzschia seriata
分類
ドメイン : 真核生物 Eukaryota
: クロムアルベオラータ Chromalveolata
亜界 : ストラメノパイル Stramenopiles
: 不等毛植物門 Heterokontophyta
: 珪藻綱 Bacillariophyceae
: 珪藻科 Bacillariaceae
: プセウドニッチア属 Pseudo-nitzschia
H. Perag. in H. Perag. and Perag.

プセウドニッチア属(プセウドニッチアぞく、Pseudo-nitzschia)は、ドウモイ酸として知られる神経毒を生産することが知られる数種の珪藻を含む。ドウモイ酸は記憶喪失性貝中毒英語版と呼ばれるヒトの疾患の原因である。植物プランクトンのこの属はカナダ、カリフォルニア州、オレゴン州、ワシントン州、ヨーロッパ、アジア、オーストラリア、ニュージーランド、中央アメリカ、南アメリカの沿岸水域において有害藻類ブルーム(HAB)を形成することが知られている。

プセウドニッチア属の珪藻種の一般的な生物学、生理学、毒性、分布はBatesおよびTrainer(2006年)[1]Trainerら(2008年)[2]、Lelongら(2012年)[3]、Trainerら(2012年)[4]で概説されている。

ドウモイ酸を生産することが示されている種(全ての株が毒素産生株ではない)。

脚注[編集]

  1. ^ Bates, S.S. and V.L. Trainer. 2006. The ecology of harmful diatoms. In: E. Granéli an d J. Turner [eds.] Ecology of harmful algae. Ecological Studies, Vol. 189. Springer-Verlag, Heidelberg, p. 81-93. PDF; 181 KB
  2. ^ Trainer, V.L., B.M. Hickey, and S.S. Bates. 2008. Toxic diatoms. In: P.J. Walsh, S.L. Smith, L.E. Fleming, H. Solo-Gabriele, and W.H. Gerwick [eds.], Oceans and human health: risks and remedies from the sea. Elsevier Science Publishers, New York, p. 219-237. PDF 2.7 MB
  3. ^ Lelong, A., H. Hégaret, P. Soudant, and S.S. Bates. 2012. Pseudo-nitzschia (Bacillariophyceae) species, domoic acid and amnesic shellfish poisoning: revisiting previous paradigms. Phycologia 51: 168-216. PDF; 1.8 MB
  4. ^ Trainer, V.L., S.S. Bates, N. Lundholm, A.E. Thessen, W.P. Cochlan, N.G. Adams, and C.G. Trick. 2012. Pseudo-nitzschia physiological ecology, phylogeny, toxicity, monitoring and impacts on ecosystem health. Harmful Algae 14: 271–300. Publisher's abstract and link to PDF file

外部リンク[編集]