プエルト・ウィリアムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プエルト・ウィリアムズ(Puerto Williams)は、チリ港町。南緯55度に位置し、世界最南端の町である。

概要[編集]

プエルト・ウィリアムズの通りの景色

ビーグル水道(Beagle Channel)に面したナバリノ島で唯一の町村で、人口は約2000人。

町の名前はアイルランドジョン・ウィリアムズ・ウィルソン船長(John Williams Wilson、1798年生まれ)に由来する。

定住が始まった1953年ごろからは主に海軍の基地として用いられた。1960年に302人の人口が、1982年に1047人となり、2002年には1952人になっている。人口の4割ほどが、チリ海軍の関係者およびその家族という情報がある[1][出典無効]

チリ空軍管理のサニャルトゥ空港Aeropuerto Guardiamarina Zañartu)がある。2012年現在、DAP航空Aerovías DAP)という地域航空会社の運行のセスナ機が日曜日以外発着しており、チリのプンタアレナスの空港より1時間15分かかる[2]

ホテルなどの宿泊施設も存在している[3]プンタ・アレーナスに本部のあるマガジャネス大学のキャンパスがあり、世界最南の大学キャンパスである。また、世界最南の中学校も存在する。

また近年では、南極圏への観光拠点として発展している。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

町役場公式サイト

座標: 南緯54度56分 西経67度37分 / 南緯54.933度 西経67.617度 / -54.933; -67.617