ブランのクロロメチル化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブランのクロロメチル化 (Blanc chloromethylation) は、塩化亜鉛触媒として芳香族化合物ホルムアルデヒド塩化水素からクロロメチルアレーンを合成する化学反応である[1][2]。ホルムアルデヒド源としてパラホルムアルデヒドが用いられる。

ブランのクロロメチル化

脚注[編集]

  1. ^ Gustave Louis Blanc Bull. Soc. Chim. France 1923, 33, 313.
  2. ^ Fuson, R. C.; McKeever, C. H. Org. React. 1942, 1, 63. (Review)

関連項目[編集]