ブラニーク山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブラニーク山
Blaník
VBlanik.JPG
南西から望むブラニーク山
標高 638 m
所在地 チェコの旗 チェコ 中央ボヘミア州 ベネショフ郡
ロウニョヴィツェ・ポト・ブラニーケムチェコ語版
位置 北緯49度38分32秒 東経14度52分22秒 / 北緯49.64222度 東経14.87278度 / 49.64222; 14.87278座標: 北緯49度38分32秒 東経14度52分22秒 / 北緯49.64222度 東経14.87278度 / 49.64222; 14.87278
山系 Mladovožická pahorkatina
ブラニーク山の位置
テンプレートを表示

ブラニーク山チェコ語: Blaník)は、チェコ共和国中央ボヘミア州ロウニョヴィツェ・ポト・ブラニーケムチェコ語版に位置する山。標高は、海抜638 メートル (2,093 ft 2.1 in)。周辺は、小規模な自然保護区となっている。

ブラニークには、古くから伝わる伝説がある。その伝説によれば、ヴァーツラフ1世に率いられた数多の騎士たちが、ブラニークに眠っている。そして、彼らは祖国が危機を迎えると復活する。伝説によれば、その時、復活の場所には目印が現れるという。ブラニークの森の中、木々が乾く。しかし、遥か昔にに枯れブラニークに埋まっているオークが再び緑となり、山の中で小さな春が訪れ、川のようになる。そして、チェコと強大な敵との戦争の間、ブラニークの騎士たちは、白馬に乗るヴァーツラフ1世に率いられ、チェコ軍に加勢する。敵軍は、プラハへと退却を余儀なくされ、最終的には敗北する。

伝説によれば、ヴァーツラフ1世と騎士たちは、チェコが4つ以上の軍から攻め込まれた時(4方位から攻め込まれた時)、長きにわたる眠りから覚めるといわれる。Jára Cimrmanの一話、『ブラニーク』(Blaník)の中では、この伝説が迷信であると証明している。1968年チェコスロバキアで起こったプラハの春の終わり、ワルシャワ条約機構の5つの軍から攻め込まれたが、「ブラニークは一歩たりとも動かなかった」からである。

ブラニークをテーマにした作品[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


Central-Europe-map.png この「ブラニーク山」は、中央ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 中央ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ