ブラシウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
聖ブラシウス、ハンス・メムリンク

ブラシウスギリシャ語: Άγιος Βλάσιος, Agios Vlasios; アルメニア語: Սուրբ Բարսեղ、生年不詳 - 316年[1]は、キリスト教の聖人。アルメニア主教司教)であったが、殉教した。カトリック教会正教会アルメニア教会東方典礼カトリック教会で聖人。祝日は2月3日。11世紀から12世紀にかけて、ヨーロッパで信仰が広まった。かつてはラグーサ共和国守護聖人であったことから、ドゥブロヴニクの守護聖人となっている。

ギリシャ語の"Βλάσιος"は古典再建音では「ブラシオス」、中世・現代ギリシャ語では「ヴラシオス」と読まれる。教会スラヴ語ロシア語にはВласий(ヴラシイ)と転写され、日本正教会では奉神礼で「ウラシイ」と呼称される。イタリア語ではBiagio(ビアージョ)となる。

注釈[編集]

  1. ^ Άγιος(ハギオス、アギオス)は「聖」の意。
執筆の途中です この項目「ブラシウス」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。