ブライダルベール滝 (ヨセミテ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブライダルベール滝
Bridalveil Fall
Bridalveil Fall from Tunnel View, Yosemite NP - Diliff.jpg
カリフォルニア州道41号線トンネルビューから見たブライダルベール滝
所在地 カリフォルニア州ヨセミテ国立公園ヨセミテ渓谷
高さ 188メートル (617 ft)
滝数 1
世界落差順位 431

ブライダルベール滝 (英語: Bridalveil Fall) は、カリフォルニア州ヨセミテ渓谷にある最も有名なの1つで、毎年ヨセミテ国立公園への何百万人もの観光客が訪れる[1]。滝は、高さ188メートル (617 ft)で、1年中水が流れている[2]

アワニチ族は、ブライダルベール滝はポホノと名付けられた渓谷の入口を守る復讐神が住んでおり、渓谷を去るときには、滝に直接立ち寄ると祟られると信じている。さらに彼らは、ブライダルベール滝の霧が人の結婚する機会をつくるとも信じている。

地理[編集]

ヨセミテ渓谷を創造した氷河は、渓谷へ流れ込む滝を多く生むたくさんの傾斜した谷を残した。ブライダルベール滝を除き、これらの滝をつくった水流の全ては、渓谷を削って険しいカスケードを形成した。端は、峡谷のもともとの端から後方へ移動しているが、ブライダル・クリークは未だにこの断崖の端から峡谷へ流れ落ちている。一方、この滝と同じように見えるヨセミテ滝は、本来のコースは現在の位置から西へ渓谷を下ったヨセミテ・クリークにあった[3]。ブライダルベール滝の主要な水源は、16キロメートル (9.9 mi)南のオストランダー湖である。

風邪が強いときには、滝は横へ落ちていくように見える。水量が少ない時期には、滝は地面まで届かないときがある。このため、インディアンのアワニチ族はこの滝を「風の吹く霊」という意味の「ポホノ」と呼んだ[4]

ブライダルベール滝のふもと

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ The official name is singular, see USGS GNIS: Bridalveil Fall.
  2. ^ Things to see”. Yosemite National Park. 2005年9月20日閲覧。
  3. ^ N. King Huber. “The Geologic Story of Yosemite Valley”. USGS Western Region Geologic Information. 2008年9月16日閲覧。
  4. ^ Kroeber, A.L. (1993). Indians of Yosemite. Berkeley: California Indian Library Collections [distributor]. OCLC 58867540. http://www.yosemite.ca.us/library/handbook_of_yosemite_national_park/indians.html 2008年9月16日閲覧。. 

外部リンク[編集]

座標: 北緯37度43分00秒 西経119度38分47秒 / 北緯37.716753度 西経119.646505度 / 37.716753; -119.646505