ハーフドーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハーフドーム
ハーフドーム
ヨセミテ渓谷から望むハーフドーム
標高 2,693 m
所在地 アメリカ合衆国マリポサ郡
位置 北緯37度44分45.6秒 西経119度31分59.4秒 / 北緯37.746000度 西経119.533167度 / 37.746000; -119.533167
山系 シエラネバダ山脈
種類 花崗岩ドーム
初登頂 1875年(ジョージ・G・アンダーソン)
ハーフドームの位置
テンプレートを表示

ハーフドーム:Half Dome)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州マリポサ郡ヨセミテ国立公園内にある花崗岩ドームであり、ヨセミテ渓谷の東端に位置する。同渓谷を象徴する景観の一つであり、ハイキングやクライミングもさかんである。

地理[編集]

ハーフドームは、ヨセミテ渓谷に面する北西側が急峻に切り立っており、南東側は丸みを帯びている。半球を縦に割ったように見えるため、ハーフドームという名前が付けられた。

ヨセミテ渓谷の底からの高さは5000フィート(1524メートル)近く、海抜は約8800フィート(2682メートル)である[1]

クライミング[編集]

1870年代半ばまで、ハーフドームは「絶対に登頂不可能 (perfectly inaccessible)」と言われていたが、1875年、ジョージ・アンダーソンが初めて南東側から登頂に成功した[2]

ケーブル・ルートを登るハイカーたち。

現在、ハーフドームの登頂ルートにはいくつかあるが、最も一般的なのが、彼が切り開いたこのケーブル・ルートと呼ばれる約13.2キロメートルのコースである。その出発点は、ヨセミテ渓谷のハッピー・アイルから、約10キロメートルにわたるジョン・ミュアー・トレイルを上った所にある[3]。ケーブル・ルートの最後の約120メートルの上りは、鉄の杭を伝いながら、よじ登るコースである。多くの人が、滑り止めの手袋をはめて登っている。往復には10時間から12時間ほど(人によってはそれ以上)かかるため、夜明けころ出発し、常に帰りの時間に注意するよう推奨されている。年間数千人がこのルートから頂上に到達しており、週末や休日には多くのハイカーで混雑する[4]

そのほか、ハーフドームの切り立った北西壁を登るロッククライミングルートも、たくさんある[5]。ロイヤル・ロビンズが、1957年、北西面からの登頂に成功し、これは標準北西面 (Regular Northwest Face) コースと呼ばれている。アメリカで最初のグレードVIのコースである[6]

脚注[編集]

  1. ^ National Park Service: Introduction.
  2. ^ National Park Service: Introduction.
  3. ^ summitpost.org: Overview.
  4. ^ National Park Service: Introduction, Hiking.
  5. ^ summitpost.org: Routes Overview.
  6. ^ summitpost.org: Routes Overview, Historical Timeline.

参考文献[編集]

  • Half Dome Day Hike”. National Park Service (2010年1月29日). 2010年3月26日閲覧。
  • Half Dome”. summitpost.org (2006年). 2010年5月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]