ブホルミン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブホルミン
Buformin.svg
IUPAC命名法による物質名
2-ブチル-1-(ジアミノメチリデン)グアニジン
臨床データ
法的規制
  • ほとんどの国で撤退
投与方法 経口
薬物動態的データ
排泄 腎臓
識別
CAS番号 692-13-7
ATCコード A10BA03
PubChem CID 2468
ChemSpider 2374
化学的データ
化学式 C6H15N5 
分子量 157.217 g/mol

ブホルミン(: buformin)とはビグアニド系の抗糖尿病薬。ブホルミンは化学的にメトホルミン(en)とフェンホルミン(en)と関係がある。ブホルミンは乳酸アシドーシス(en)の高い危険があるためほとんどの国で市場から撤退しているが[1][2]ルーマニアスペインなどでは使用されている。ブホルミンはドイツの製薬会社であるグリュネンタールからSilubin retard(100mg/錠)として販売されている。

脚注[編集]

  1. ^ Verdonck L, Sangster B, van Heijst A, de Groot G, Maes R (1981). “Buformin concentrations in a case of fatal lactic acidosis”. Diabetologia 20 (1): 45–6. doi:10.1007/BF01789112. PMID 7202882. 
  2. ^ Deppermann D, Heidland A, Ritz E, Hörl W (1978). “[Lactic acidosis--a possible complication in buformin-treated diabetics (author's transl)]”. Klin Wochenschr 56 (17): 843–53. PMID 713413.