ブッククロッシング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブッククロッシングの一例、フランスのリヨンにて(2006年)

ブッククロッシング(Book Crossing)は、2001年3月、アメリカのロン・ホーンベイカーとその妻の香織によって始められた、世界中の本を愛する人たちによる「世界中の街中を図書館に」「本に世界を旅させよう」という非営利活動。

主な活動内容[編集]

ブッククロッシングとは読み終えた本を、BCID(Book Crossing ID)という固有のナンバーを付けて、世界中に旅をさせるというもの。オフィシャルサイトによると、2008年6月現在、およそ68万人のメンバーによって、約480万冊の本が登録され、世界中を旅している。また、日本での登録者数は2008年6月1日現在、およそ3000人。

ブッククロッシングのウェブサイトは、2005年にウェビー賞を受賞した。

ブッククロッシングの目的[編集]

活動内容から誤解されることがあるが、ブッククロッシングは本を買わないという活動ではない。また、本をあちこちに置いて放置するというものでもなく、本を読むことをもっと気軽に、身近に楽しみ、本に愛情を持ってもらうことを目的としている。

ブッククロッシングの3R[編集]

Read(読む)[編集]

本を読む。

Register(登録する)[編集]

本の最初の持ち主が、会員登録と本の登録(本の感想などを含む)をしてBCIDを取得、そのBCIDをダウンロードしたラベルに記入して本に貼り付ける。

次に本を手にした人は、会員登録し、本の感想(ジャーナル)などをHPに書き込む。

Release(旅立たせる)[編集]

ブッククロッシングゾーンまたは誰かが拾ってくれる場所に本を置く。もしくは直接友人に本を手渡す。

本のリリース情報(本のリリース場所や時間)をHPのリリースノートに書き込むと他の会員が本の所在地を検索できる。

日本での広がり[編集]

2003年頃から日本での登録が見られるようになる。東京都目黒区にある書店COW BOOKSが、ブッククロッシングのサポートを開始したことを機に、メディアでもこの活動が取り上げられるようになり少しずつ、参加者が増加した。

2007年9月には、広島県でブッククロッシングジャパン運営チームが発足し、その活動は徐々に広がりをみせている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]