フローレンス・バスカム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フローレンス・バスカム
Florence Bascom 1893
生誕 1862年7月14日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マサチューセッツ州ウィリアムズタウン
死没 1945年6月18日(満82歳没)

フローレンス・バスカム(Florence Bascom、1862年7月14日 - 1945年6月18日)はアメリカ合衆国の女性地質学者である。アメリカ地質調査所 (United States Geological Survey) に最初に雇われた女性科学者である。

マサチューセッツ州ウィリアムズタウンに生まれた。父親はウィリアムカレッジなどの学長を務めたジョン・バスカムであり、ユグノー教徒バスク人の家系である。ウィスコンシン大学で学んだ後、1893年にジョン・ホプキンス大学博士号を取得。オハイオ州立大学で2年間教えた後、1928年までペンシルベニア州の女子大学・ブリンマー大学地質学を教え、多くの女性地質学者を育てた。

1896年にアメリカ地質調査所に雇われ、1936年まで働いた。アメリカの南東部、アパラチア山脈南東部一帯の地域ピードモント台地岩石地形の調査を行った。ウィッサヒコン結晶片岩片麻岩の形成時期について、バスカムと彼女の弟子にあたるエレノラ・ブリスらは、当時としては珍しい女性の間で行われた科学的な論争を行った。

関連項目[編集]