フランソワ3世 (ブルターニュ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブルターニュ公フランソワ3世

フランソワ3世・ド・ブルターニュ(François III de Bretagne, ブルトン語:Frañsez III)またはフランソワ・ド・フランス(François de France, 1518年2月28日 - 1536年8月10日)は、フランスフランソワ1世と王妃クロード・ド・フランスの長男。父の即位後に誕生したため、生後ただちに王太子(ドーファン)に叙され、また1524年に母クロードが死去した後にブルターニュを継承した。しかし1536年、ジュ・ド・ポームjeu de paume:球戯の一種)の直後に18歳の若さで急死した。

死後、弟アンリが代わって王太子およびブルターニュ公となり、1547年にアンリ2世として王位に就いた。

先代:
フランソワ(シャルル8世の三男)
フランスのドーファン
1518年 - 1536年
次代:
アンリ2世
先代:
クロード
ブルターニュ
1524年 - 1536年
次代:
アンリ