フランソワ=アルフォンス・フォーレル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フランソワ=アルフォンス・フォーレル(François-Alphonse Forel、1841年2月2日 - 1912年8月7日)はスイス科学者湖沼学(後の陸水学)の先駆けとされる。

略歴[編集]

レマン湖畔のヴォー州モルジュで生まれ、1869年-1895年までローザンヌ大学教授として教鞭をとった。考古学地震学生物学物理学氷河学など研究は多岐にわたる。しかし彼が本当に愛してやまなかったのはであった。レマン湖における30年間の調査結果に基づいて、1894年から1904年にかけてフランス語で『レマン湖の陸水学的研究』(Le Léman, monographie limnologique)3巻を、1901年にはドイツ語で『湖沼学教科書』(Handbuch der Seekunde)を著わした。また水色標準液の発明や水温、水位、底性生物の分類、命名などにも大いに寄与した。これらの業績で、湖沼学の礎を築いた。この2著は後にアウグスト・ティーネマンアイナル・ナウマンが登場するまでは湖沼学研究の規範であった。

関連項目[編集]

参考文献[編集]