フランソワ・ダジャンクール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランソワ・ダジャンクール
François d'Agincourt
基本情報
出生 1684年
フランスの旗 フランスルーアン
死没 1758年4月30日
職業 作曲家鍵盤楽器奏者
活動期間 後期バロック音楽

フランソワ・ダジャンクールFrançois d'Agincourt, 1684年 - 1758年4月30日)は、フランス後期バロック音楽作曲家鍵盤楽器奏者。

ノルマンディールーアン出身。ジャック・ボワヴァンニコラ・ルベーグに師事した後、17歳でシテ島の聖マドレーヌ教会のオルガニストに指名される。1706年にボワヴァンを継いでルーアンのノートルダム大聖堂の教会オルガニストとなり、サントゥーアンの王立修道院にもオルガニストとして仕える。1714年に宮廷礼拝堂の4人のオルガニストの一人となり、年下のルイ=クロード・ダカンより優遇された。門人にジャック・デュフリがいる。

現存する作品には、以下のものが知られている。

  • クラヴサン曲集(1733年):王妃に献呈されているものの、この年に没したフランソワ・クープランへの表敬作品となっている。クープランと同じく、組曲は「オルドル」と呼ばれ、描写的な性格的小品が伝統的な舞曲楽章よりまさっている。ダジャンクールの表現様式はメランコリーより快活さに満ちている。
  • オルガン曲集(手稿譜)。
  • (声楽と通奏低音のための)歌曲集(全2巻)

外部リンク[編集]

IMSLP - 国際楽譜ライブラリープロジェクト内のフランソワ・ダジャンクールのページ。無料で楽譜PDFが入手可能。

音源ファイル[編集]

"Suite du 2e ton" (organ)