フモニシン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フモニシン類 (: fumonisins) は主にフザリウム属菌に由来するマイコトキシン(カビ毒)のひとつ[1]トウモロコシおよびその加工品や干しぶどう[2]での汚染が問題となる。作用機序はスフィンゴシンアシルトランスフェラーゼの阻害である。

より厳密には下記の2つを意味する。

毒性はフモニシンB2の方が高い。

構造[編集]

フモニシンには4種類の類縁体がある。以下に構造を示す。

フモニシンB1からB4の構造
フモニシン 構造式 R1 R2 CAS登録番号
B1 Fumonisin B1 B2 B3 B4.svg –OH –OH 116355-83-0
B2 –H –OH 116355-84-1
B3 –OH –H 136379-59-4
B4 –H –H 136379-60-7

主な生産菌[編集]

脚注[編集]