フォーダム大学ロースクール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Lowenstein.jpg
図書館
新しい校舎

フォーダム大学ロースクール(Fordham University School of Law)、略称Fordham Lawは、ニューヨーク州ニューヨークマンハッタンリンカーンセンターにあるフォーダム大学ロー・スクールである。

概要[編集]

フォーダム大学ロースクールは、1905年イエズス会系のフォーダム大学により創立された。学位としては、J.D.法務博士、Juris Doctor)、LL.M(法学修士、Master of Laws)、J.S.D.法学博士、Doctor of Laws)が取得できる。フォーダムロースクールは、アメリカで人気が高く、毎年、出願者数は全米トップ10に入る。[1] J.D.課程は、『USニューズ&ワールド・レポート』の全米ロー・スクールランキングで29位[2]、LL.M.課程は、『AUAP LL.M Rankings©』 の2011 Rankings of American LL.M/Master of Lawで全米6位にランクインしている。[3] QS World University Rankingsによれば、フォーダム大学全体の世界ランキングは、51位~100位のランキング帯にある。[4]

フォーダムロースクールは、日本での知名度は低いが、全米で有名な難関ロースクールであり、「ニューヨークの三大ロー・スクール(コロンビア大学ニューヨーク大学、フォーダム大学)」の一つでもあり、世界72カ国から学生が集まっている。なお、これら3校には交流協定があり、3校の学生は、お互いの図書館を自由に利用することもできる。[5]

キャンパスがマンハッタンという土地柄、特に金融法銀行法会社法独占禁止法知的財産法分野が強い。また、卒業生の大規模法律事務所への就職は、トップ50法律事務所への就職は6位、トップ25事務所では6位、トップ10事務所では10位、トップ5事務所では、6位である。

LL.M.課程におけるコースは、7専攻あり、看板専攻の「Banking, Corporate, and Finance Law 専攻」をはじめ、「Corporate Compliance 専攻」、「International Business and Trade Law 専攻」、「Intellectual Property and Information Technology Law 専攻」、「International Dispute Resolution 専攻」、「International Law and Justice 専攻」、「U.S. and Comparative Law 専攻」がある。第一専攻を修了したときは、第二専攻を取るために第三学期も登録できる。[6]

脚注[編集]

外部リンク[編集]