フェライト相

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フェライト相(ferrite)は、純度100%のにおいて911℃以下の温度領域にある鉄の相(組織)である。この領域において、鉄は体心立方格子構造をとる。αFeα鉄(アルファてつ)ともいう。ラテン語の鉄『Ferrum』から由来している。

純度100%の鉄において、911℃を超えると、オーステナイトに変化する。この温度をA3点という。

フェライトは、Fe-C状態図において、728℃で最大溶解量0.0218[mass %]までの炭素を固溶できる。この最大溶解量の値が、鉄との分かれ目となっている。

770℃までは強磁性体である。770℃を超えると常磁性体に変化する。この温度をA2点(キュリー点)という。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]