パーライト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Phase diag iron carbon.PNG

パーライト (: pearlite) とは、の組織の一種であり、Fe-C状態図において、C=0.77[質量%]におけるオーステナイト領域から温度727℃以下へと徐冷した時に生ずる共析組織である。光沢真珠(パール)に似ているため、パーライトと称される[1]。イギリスの顕微鏡学者ヘンリー・ソービーにより命名された[1]。組織全てがパーライトのみで出来た鋼を共析鋼(きょうせきこう)という。現在ではあまり使用されないが、波打ち際の砂模様に似た組織であることから、日本の冶金学者本多光太郎による波来土という漢字当て字がある[1]

共析反応によってできた層状の組織で、非常に薄い板状のフェライトセメンタイトが交互に並んでいる。その厚さは冷却速度が速いほど薄くなる。また、冷却速度が極めて速いと、マルテンサイト残留オーステナイトとなる。

なお、亜共析鋼では初析フェライトとパーライトが混じった組織となり、過共析鋼では初析セメンタイトとパーライトが混じった組織となる。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 大和久重雄 『熱処理のおはなし』 日本規格協会、2006年、訂正版、59頁。ISBN 4-542-90108-4

関連項目[編集]