フェニル酢酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フェニル酢酸
Kwas fenylooctowy.svg
IUPAC名 2-フェニル酢酸
別名 α-トリル酸
分子式 C8H8O2
分子量 136.15
CAS登録番号 [103-82-2]
形状 白色固体
融点 76-77 °C
沸点 265.5 °C
SMILES c1ccccc1CC(=O)O

フェニル酢酸(―さくさん、Phenylacetic acid)はフェニル基酢酸基を持つ有機化合物の一種である。白色の固体で不快な匂いがする。メタンフェタミンアンフェタミンの原料となるフェニルアセトンの違法な製造に使われるため、アメリカ合衆国では流通が規制されている。日本国でも、覚せい剤原料として覚せい剤取締法の対象物質であり、輸入、製造、販売、取扱い等には、厚生労働省の許可が必要である。また、その保管管理にも特別な設備が必要である。

フェニル酢酸はオーキシンとして、最初に果物の中から見つかった。しかしその作用はインドール-3-酢酸よりも弱い。

フェニル酢酸は濃度の薄い時は蜂蜜様の香りで、香水に使われる。またペニシリンGの製造にも用いられる。

屈折率は1.5025である。

関連項目[編集]