フェイク・クライム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェイク・クライム
Henry's Crime
監督 マルコム・ヴェンヴィル
脚本 サーシャ・ガヴァシ
デヴィッド・N・ホワイト
原案 スティーヴン・ハメル
サーシャ・ガヴァシ
製作 スティーヴン・ハメル
デヴィッド・ミムラン
ジョーダン・シュア
レモア・シヴァン
製作総指揮 スコット・フィッシャー
マーク・フィッシャー
カシアン・エルウィズ
リサ・ウィルソン
アリソン・パーマー
ピーター・グレアム
スティーヴン・ヘイズ
サーシャ・ガヴァシ
出演者 キアヌ・リーブス
ヴェラ・ファーミガ
ジェームズ・カーン
音楽 ブレイク・レイ
撮影 ポール・キャメロン
編集 カーティス・クレイトン
製作会社 Company Films
配給 アメリカ合衆国の旗 Moving Pictures Film and Television
日本の旗 プレシディオ
公開 アメリカ合衆国の旗 2011年4月8日
日本の旗 2011年11月26日
上映時間 108分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $12,000,000
興行収入 $204,940[1]
テンプレートを表示

フェイク・クライム』(原題: Henry's Crime)は、2011年アメリカ合衆国で公開された犯罪映画である。

ストーリー[編集]

ニューヨーク州バッファロー。そこで暮らすヘンリーは、ただ漫然と日々を過ごすごく平凡な男。そんな彼がある日、高校時代の悪友から野球の試合に誘われる。悪友に言われるがまま、集合場所の銀行の前で車を停めて待っていたヘンリーだったが、突然銀行のベルが鳴り響き、中から悪友が飛び出してくる。なんと悪友は銀行強盗であり、ヘンリーは運転手役に仕立て上げられてしまったのだ。しかも、不運なことにヘンリーだけが逮捕されてしまい、彼は刑務所に収監されてしまう。それから1年後、仮出所をしたヘンリーは、茫然と強盗があったあの銀行の前に立っていた。すると、彼は突然車にはねられてしまう。幸い大した怪我もなく、車を運転していた舞台女優のジュリーとも親しくなったヘンリーは、彼女が銀行の隣にある劇場で『桜の園』の稽古をしていることを知る。その劇場には銀行の地下へと続く古いトンネルがあることを知ったヘンリーは、刑務所内で親しくなった詐欺師のマックスを誘い、本当に銀行強盗を行う計画を立てるのであった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ヘンリー・トーン キアヌ・リーブス 森川智之
ジュリー・イワノワ ヴェラ・ファーミガ 本田貴子
マックス・サルズマン ジェームズ・カーン 稲葉実
デビー・トーン ジュディ・グリア 衣鳩志野
ダレク・ミロドラゴヴィック ピーター・ストーメア 水野龍司
エディ・ヴィベズ フィッシャー・スティーヴンス
ジョー ダニー・ホック
フランク ビル・デューク

参考文献[編集]

  1. ^ Henry's Crime”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年11月20日閲覧。

外部リンク[編集]