フィルム・カルチャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フィルム・カルチャー』(Film Culture)は、1954年ジョナス・メカス: Jonas Mekas)とアドルファス・メカス: Adolfas Mekas)の兄弟によって創刊されたアメリカ合衆国映画雑誌実験映画に関する評論で知られ、映画史家ゴードン・ヒチンズは『フィルム・カルチャー』創刊の主たる目的として「作家主義の推進と保護」を挙げている[1]

代表的な映画評論家アンドリュー・サリス: Andrew Sarris)、マニー・ファーバー: Manny Farber)、パーカー・タイラー: Parker Tyler)、ルドルフ・アルンハイム: Rudolf Arnheim)、スタン・ブラッケージ: Stan Brakhage)などがいる。

『フィルム・カルチャー』の記事はFilm Culture ReaderとしてCooper Square Press社より発刊される。

脚注[編集]

  1. ^ ゴードン・ヒチンズ・インタヴュー

外部リンク[編集]