フィリップ・ボイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィリップ・ボイ Gymnastics (artistic) pictogram.svg
Philipp Boy Kohei Uchimura Jonathan Horton.jpg
2010年世界選手権個人総合
(左がボイ)
選手情報
フルネーム Philipp Boy
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 1987年7月23日(27歳)
生誕地 ドイツの旗 ドイツメクレンブルク=フォアポンメルン州
身長 172cm[1]
体重 65kg[1]
種目 男子体操競技
代表 2006-
所属 SCコトブス
テンプレートを表示

フィリップ・ボイ(Philipp Boy:1987年7月23日 - )は、ドイツ連邦共和国体操競技選手

略歴[編集]

2006年にナショナルチーム入り。2008年北京五輪では個人総合13位。

2010年から頭角を現し、2010年世界体操競技選手権(ロッテルダム)にて、個人総合で内村航平に次ぐ銀メダルを獲得。ロンジン・エレガンス賞も受賞した。2011年の欧州選手権で個人総合優勝。同年の世界選手権(東京)にて個人総合銀メダル、得意種目の鉄棒で種目別決勝に残ったもののアドラーひねりでのバーキャッチに失敗して落下したため7位だった。

脚注[編集]

  1. ^ a b 2011年10月8日 朝日新聞(夕刊)「(スポーツ人物館)万能型 美しき欧州王者 フィリップ・ボイ」

外部リンク[編集]