フアン・ルイス・シプリアーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
枢機卿
フアン・ルイス・シプリアーニ・トルネ
Juan Luis Cipriani Thorne
カトリックリマ大司教
Coat of arms of Juan Luis Cipriani.svg
教会 ローマ・カトリック教会
大司教区 リマ
着座 1999年1月9日
前任 アウグスト・バルガス・アルサモーラ英語版
司祭叙階 1977年8月21日
司教叙階 1988年7月3日
枢機卿任命 2001年2月21日
その他役職 アヤクーチョ大司教区補佐司教(1988年 - 1995年)、アヤクーチョ大司教(1995年 - 1999年)
個人情報
出生 1943年10月28日(71歳)
ペルーの旗 ペルーリマ
国籍 ペルーの旗 ペルー
出身校 w:Universidad Nacional de Ingeniería
テンプレートを表示

フアン・ルイス・シプリアーニ・トルネ(Juan Luis Cipriani Thorne、1943年12月28日 - )は、ペルーカトリック教会聖職者。現在リマ大司教であり、2001年には枢機卿に任命されている。

経歴[編集]

シプリアーニはサンタ・マリア・マリアニスタ神学校スペイン語版で学び、1961年からはバスケットボールペルー代表のメンバーを6年間務めたこともある[1]。彼はリマの国立工業大学で産業工学を学んだ。

聖職者として[編集]

エンジニアとしての勤務を経て、1977年に彼はオプス・デイ司祭叙階された。またナバラ大学から神学博士号を授与されている。

1988年に彼はアヤクーチョ大司教区補佐司教に任命され、1995年にはアヤクーチョ大司教になった。そして1999年1月、リマ大司教に指名された。

2001年教皇ヨハネ・パウロ2世によってシプリアーニは枢機卿に任命された。彼はオプス・デイ出身者として初めて枢機卿となった人物である。2005年、ヨハネ・パウロ2世の死去に伴うコンクラーヴェでは選挙権を持つ枢機卿の一人として参加した。

2011年7月19日、彼はベネディクト16世によって教皇庁司教省ラテンアメリカ委員会Pontifical Commission for Latin Americaのメンバーに任命された。

日本大使公邸占拠事件[編集]

1996年から1997年にかけての在ペルー日本大使公邸占拠事件では、彼は平和的解決のために反政府組織との交渉を試み、日本人とペルー人の人質の救出に尽力した。

教え[編集]

同性愛について[編集]

1997年にリマのペルーポンティフィカ・カトリック大学(PUCP)で、ゲイの学生組織がイベントの開催を禁じられた。この組織「集合的括弧(Colectivo Paréntesis)」は2人の3年生 Rodrigo VeccoとBernardo Nieuwlandによって結成された。加えて、大学はホモセクシャルを硬化性の疾患として説明した「性的アイデンティティ-選ぶことができるのか?」というパンフレットを配布した。このパンフレットは大学の学長であるシプリアーニの希望によって準備された。

2005年にリカルド・パルマ大学36周年ミサに際し、シプリアーニは当時のスペインの同性のパートナーシップ制度についてコメントした。彼は「男女間ではない結婚を『傷ついた善なるもの』と呼びそれを販売する世界規模のキャンペーン」の存在を非難した。そして彼は同性婚合法化によって社会は醜悪になると警告した。 彼は「今日の世界では、邪悪なものが良いものとされている。それは他にも課され、それを受けれいた者に禍をなす」と警告した。枢機卿は、結婚としての「男女間ではない関係」は信仰に忠実ではないものと呼んだ。

あなたが望む者をものを呼び、傷ついた善なるものを売ってはいけません。善なるものなどなく、意見と思想のトレンドだけがある道徳の相対主義の独裁制度に沿ってはいけません。

2007年、PUCPはWalter Muñoz Cho氏にたいして訴訟を提起した。彼はシプリアーニ枢機卿によって役員に任命されていた。2010年に大司教区とPCUPとの間の「大学の自治の問題」と「大学の財産権」に関する法的な手続きが始まった

イエズス会との関係について[編集]

彼はアヤクチョ大司教だった時に、このペルーで問題のある地域でのイエズス会の人権活動に対する妨害を非難した。

ラ・カントゥタ事件[編集]

シプリアーニはラ・カントゥタ事件 は「ペルー陸軍が関与していると信じている人々を祖国に対する反逆の罪で有罪である」といった[2]。虐殺は後にコリーナ部隊の中で活動していた陸軍の特殊情報機関の関与が証明された。

死刑について[編集]

シプリアーニはペルーでの条件はごく限定された事例において死刑が認められるものだと考えていた。それは執行猶予のない懲役を含む、死刑よりも厳正でない方法では抑制することができないであろう社会に対して現実の脅威のような事例である。

たとえば、暴力革命的アビマエル・グスマンの逮捕の少しのち、シプリアーニ・トルネ枢機卿は、センデロ・ルミノソの指導者は処刑されるべきであるとの意見を表明している。彼は死刑制度に反対するペルー人を「卑怯者」と言っている。[3]

人権について[編集]

1980年代以来、シプリアーニ枢機卿は人権団体に対して敵意を示してきた。その対象にはカトリック聖職者や法律家に率いられたものも含まれる。彼の前任者のイエズス会士のアウグスト・ヴァルガス・アルサモラとは対照的に、彼は1980年代から1990年代のあいだペルー国軍による人権侵害の噂を探知しなかったことが非難されてきた。彼の指摘の中には疑問になるものあり、最も有名なのは1994年w:Caretas でのインタビューでありそこで彼は人権に対する見方を人権調整者を"esa cojudez"ということで説明していた。"esa cojudez"とは大まかに訳せば「その愚か者」という意味である。 [3]

参照[編集]

  1. ^ From Basketball Player to Cardinal”. Zenit (2001年2月27日). 2013年3月11日閲覧。
  2. ^ [1]
  3. ^ a b Final Report of the Truth and Reconciliation Commission, 3.3.1

外部リンク[編集]

先代:
Augusto Vargas Alzamora
リマ大司教
1999年1月9日 - 現在
次代:
現職