ピザボーイ 史上最凶のご注文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピザボーイ 史上最凶のご注文
30 Minutes or Less
監督 ルーベン・フライシャー
脚本 マイケル・ディリバーティ
原案 マイケル・ディリバーティ
マシュー・サリヴァン
製作 スチュアート・コーンフェルド
ベン・スティラー
ジェレミー・クレイマー
製作総指揮 モニカ・レヴィンソン
ブライアン・レヴィ
出演者 ジェシー・アイゼンバーグ
ダニー・マクブライド
アジズ・アンサリ
ニック・スウォードソン
音楽 ルードウィグ・ヨーランソン
撮影 ジェス・ホール
編集 アラン・バウムガーテン
製作会社 メディア・ライツ・キャピタル
レッド・アワー・フィルムズ
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
日本の旗 ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
公開 アメリカ合衆国の旗 2011年8月12日
日本の旗 2011年12月3日
上映時間 82分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
スペイン語
ドイツ語
製作費 2800万ドル[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $33,197,707[1]
テンプレートを表示

ピザボーイ 史上最凶のご注文』(ピザボーイ しじょうさいきょうのごちゅうもん、原題: 30 Minutes or Less) は、2011年アメリカ合衆国コメディ映画

あらすじ[編集]

強盗をたくらむドウェインとトラヴィスは、宝くじを当てたドウェインの父親を始末するための殺し屋を雇うべく、ピザ屋の配達人に銀行強盗をさせることにした。 二人に捕まり時限爆弾を背負わされたヴィトのピザ屋の従業員ニックは、友人であるインド人チェットに助けを求め、その結果一緒に銀行強盗をする羽目になった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ニック ジェシー・アイゼンバーグ 武藤正史
チェット アジズ・アンサリ 粟野志門
ドウェイン ダニー・マクブライド 斉藤次郎
トラヴィス ニック・スウォードソン 小野塚貴志
チャンゴ マイケル・ペーニャ 宇宙
ドウェインの父 フレッド・ウォード 西村知道
ケイト ディルシャッド・ヴァザリア 〆野潤子
ジューシー ビアンカ・カジリッチ 合田絵利
フィッシャー氏 ゲイリー・ブリチェット 秋元羊介

製作[編集]

マイケル・ディリバーティとマシュー・サリヴァンによる脚本は2009年版『ザ・ブラック・リスト』に掲載された後、ベン・スティラースチュアート・コーンフェルドレッド・アワー・フィルムズの下で製作が企画され、2010年3月、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントが配給権を購入した[2]。撮影は2010年7月から9月にかけてミシガン州グランドラピッズで行われ、銀行強盗のシーンにはラディントンの現在は使われていない銀行が使われた[3]

映画のプロットが2003年8月28日にペンシルベニア州エリーで起きたピザ配達人ブライアン・ウェルズ英語版による銀行強盗と爆死に類似しているとの指摘について、製作側は事件のことは念頭になかったとしている[4]

評価[編集]

本作に対する批評家の評価は割れている。映画のレビューを集積するウェブサイトRotten Tomatoesによると、125個のレビューのうち42%が好意的な評価を下し、評価の平均は5.4/10だった[5]Metacriticは37個の批評に基づき、49/100という評価の加重平均値を示している[6]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]