ビッグアイ・サンド・タイガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビッグアイ・サンド・タイガー
Odontaspis noronhai.jpg
ビッグアイ・サンド・タイガー
Odontaspis noronhai
保全状況評価[1]
DATA DEFICIENT (IUCN Red List)
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 軟骨魚綱 Chondrichthyes
亜綱 : 板鰓亜綱 Elasmobranchii
: ネズミザメ目 Lamniformes
: オオワニザメ科 Odontaspididae
: オオワニザメ属 Odontaspis
: ビッグアイ・サンド・タイガー O. noronhai
学名
Odontaspis noronhai
(Maul, 1955)
英名
Bigeye sand tiger
Odontaspis noronhai distmap.png
ビッグアイ・サンド・タイガーの予想生息域

ビッグアイ・サンド・タイガー Odontaspis noronhai (英: Bigeye sand tiger)は、ネズミザメ目オオワニザメ科に属するサメ。非常に珍しい種。暖かい海の深海に生息する。全長3.7 m。同属のオオワニザメ O. ferox に似るが、歯の形状が異なる。繁殖様式は卵食型の胎生と予想される。

1955年、G. E. Maul によって初記載された。模式標本となった全長1710 mmの雌の個体は、マデイラ沖水深約800 - 1,000 mから釣り上げられたものだという[2]。学名の種小名noronhai はFunchal 博物館の館長 Adolfo César de Noronha という人物の名前に由来する[2]

分布[編集]

分布域は全世界の暖海域と考えられるが、わずかな記録しかなく部分的にしか分かっていない[3]大西洋からはブラジル沖、マデイラポルトガル)、メキシコ湾太平洋ではハワイから報告がある[1][4]インド洋では未確認。沿岸域から外洋まで、主に深海に生息しており、水深60 - 1,000 m(あるいはそれ以上)に生息する[3]

形態[編集]

Odontaspis noronhai 4.jpg

最大全長は、雄367 cm、雌327 cm[5]。体型は太い流線型。体色は全身が濃褐色やチョコレートブラウンで赤味がかっていることもある。眼は大きい。第一背鰭先端にはしばしば白色斑がみられる。第二背鰭は第一背鰭に比べてあきらかに小さい。歯は副咬頭が主咬頭の両側に一つずつあり、副咬頭が複数あるオオワニザメと異なる。

生態[編集]

主に深海に生息するが、夜間は表層まで浮上し、昼間は深場に戻るという日周鉛直移動を行うと考えられている[3]。回遊あるいは季節移動を行う可能性が示唆されている[3]

食性や繁殖に関してはほとんど知られていない。胃内容物にイカの嘴と魚の耳石が入っていたという報告がある[3]。繁殖様式はネズミザメ目で多くみられる卵食型の胎生と予想されている[1]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c Amorim, A.F., Arfelli, C.A. & Fagundes, L. 2005. Odontaspis noronhai. In: IUCN 2011. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2011.1. <www.iucnredlist.org>. Downloaded on 13 July 2011
  2. ^ a b G. E. Maul (1955). “Five Species of Rare Sharks New for Madeira Including Two New to Science”. Notulae Naturae of the Academy of Natural Sciences of Philadelphia 279: 1-14. 
  3. ^ a b c d e Leonard J. V. Compagno (2002) "Sharks of the world: An annotated and illustrated catalogue of shark species known to date" Volume 2, Food and Agriculture Organization of the United States. pp.66-67.
  4. ^ Robert L. Humphreys, Jr., Robert B. Moffitt and Michael P. Seki (1989). “First Record of the Bigeye Sand Tiger Shark Odontaspis noronhai from the Pacific Ocean”. Japanese Journal of Ichthyology 36 (3): 357-362. 
  5. ^ Odontaspis noronhai Froese, R. and D. Pauly. Editors. 2011.FishBase. World Wide Web electronic publication. www.fishbase.org, version (06/2011)