ビクトル・チブレンコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビクトル・チブレンコ Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム ビクトル・セルゲーエヴィチ・チブレンコ
国籍 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
種目 やり投
生年月日 1930年7月13日
没年月日 2013年10月19日(満83歳没)
 
獲得メダル
男子 陸上競技
オリンピック
1956 メルボルン やり投
1960 ローマ やり投
編集 テンプレートのヘルプを表示する

ビクトル・チブレンコ (ウクライナ語:Цибуленко Віктор Сергійович、1930年7月13日 - 2013年10月19日[1])は、旧ソビエト連邦の陸上競技選手。1956年メルボルンオリンピック、1960年ローマオリンピックと連続出場し、2大会連続のメダル。ローマ大会では金メダルを獲得した選手である。

経歴[編集]

チブレンコは国際大会のデビューとなった1952年ヘルシンキオリンピックで4位となり、3位のフィンランドトイボ・ヒューティアイネン(Toivo Hyytiäinen)にわずか17cm差の4位と、惜しくもメダルに届かず、2年後のヨーロッパ選手権でも4位という結果であった。だが、2年後の1956年メルボルンオリンピックでは4位に終わっていた前回までからジャンプアップし、79.50mの自己ベストの投てきで見事銅メダルを獲得。チブレンコはさらに力をつけてゆき、3度目のオリンピックとなった1960年ローマオリンピックでは、1投目に84.64mの大投てきを見せ、結果は2位に5m以上の大差をつけ金メダルを獲得した。彼は1962年が選手として最後のシーズンとなり、同年のヨーロッパ選手権で、同国のヤーニス・ルーシスについで2位となっている。

主な実績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録
1956 オリンピック メルボルン(オーストラリア) やり投 3位 79.50m
1960 オリンピック ローマ(イタリア) やり投 1位 84.64m
1962 ヨーロッパ陸上選手権 ベオグラード(ユーゴスラビア) やり投 2位 77.92m

脚注[編集]

  1. ^ Сайт федерації легкої атлетики України”. Uaf.org.ua. 2013年10月22日閲覧。

外部リンク[編集]