ヒゴタイサイコ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒゴタイサイコ属
Eryngium planum 003.JPG
E. planumの花。マツカサアザミと呼ばれ日本でも比較的古くから利用されてきた
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : キク類 asterids
階級なし : キキョウ類 campanulids
: セリ目 Apiales
: セリ科 Apiaceae
: ヒゴタイサイコ属[1]

Eryngium [1]

学名
Eryngium L. (1753) [2]
タイプ種
Eryngium maritimum L. [2]
英名
eryngo [3][4]

本文参照

ヒゴタイサイコ属 (Eryngium) は約230種を含むセリ科の一つである。中央アジア地中海地方、南北アメリカなど世界的に広く分布しているが、日本には自生種はない[5]。園芸上は「エリンギウム」「エリンジューム」などと総称されることが多い[6]

特徴[編集]

多くは一・二年草または多年草であり、高さ30cm程度のものから、E. pandanifoliumのように4m程度になるものもある[7]

多くのものは、アザミのような複雑に深く切れ込んでしばし葉縁が刺状になる葉を持つ[6]が、E. yuccifoliumなどのように、ユッカのように細長い帯状の葉を持つものもある[8]

花は、白や青の多数の小花が球状または円筒状に集まった頭状花序であり、花序を囲む刺のある総苞の形は種ごとに多様である[9]

利用[編集]

欧米では古くから花壇用の花卉として、また切り花ドライフラワーなどの花材として多くの種が用いられてきたが、高温多湿に弱く、日本では暖地での栽培は難しい[6]。花自体は小さいものの、総苞がよく発達して色づく種類は観賞価値があり、切り花として栽培される。また、全体に革質で硬い茎を持ったものが多く、ドライフラワーとしても利用される。

観賞、装飾用以外の利用法として、数種がハーブとして利用される[10]。イギリスではE. maritimum の根を砂糖漬けにして「エリンゴーズ」という飴剤に利用した[10]オオバコエンドロ (E. foetidum) はラテンアメリカアジアで広くハーブとして利用されている[11]E. maritimumのように根や若葉などを食用とするものもある[12]

主な種[編集]

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 『植物の世界』 朝日新聞社〈朝日百科〉、1997年ISBN 4-02-380010-4
  • 工藤和彦 『作例と解説 新花材ハンドブック』 八坂書房、1992年ISBN 4-896-94622-7
  • 鈴木昭 『最新 花屋さんの花 ポケット図鑑』 主婦の友社、1996年
  • National Herbarium of New South Wales. “NEW SOUTH WALES FLORA ONLINE”. The Royal Botanic Gardens & Domain Trust. 2012年3月29日閲覧。
  • 塚本洋太郎 『園芸植物大事典』 小学館、1988年ISBN 4-896-94622-7
  • 齋藤千栄美. “セリの仲間”. 私の花ともだち. 社団法人農林水産・食品産業技術振興協会. 2012年3月29日閲覧。
  • デニー・バウン 『英国王立園芸協会 ハーブ大百科』 高橋良孝(監修)、吉村則子、石原真理訳、誠文堂新光社、1997年2012年3月29日閲覧。
  • WorldCrops”. 2012年3月31日閲覧。
  • Hedrick, U.P. (1919) (PDF). Sturtevants Edible Plants of the World. http://www.swsbm.com/Ephemera/Sturtevants_Edible_Plants.pdf 2012年3月29日閲覧。.