パープル・バタフライ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パープル・バタフライ
タイトル表記
繁体字 紫蝴蝶
簡体字 紫蝴蝶
ピン音 zǐ húdié
(ズー フーディェ)
英題 Purple Butterfly
各種情報
監督 婁燁(ロウ・イエ)
脚本 婁燁(ロウ・イエ)
製作 朱永徳(チュウ・ヨンドァ)
製作総指揮 耐安(ナイ・アン)、王薇(ワン・ウェイ)、ジャン・ルイ・ピエール、ヴァンサン・マラヴァル、アラン・ドゥ・ラ・マータ
出演者 章子怡(チャン・ツィイー)
仲村トオル
劉燁(リウ・イエ)
音楽 ボルグ・レンバーグ
撮影 王昱(ワン・ユー)
編集 陳暁紅(チェン・シャオホン)、婁燁(ロウ・イエ)
衣装 劉維新(リュウ・ウェイシン)
美術 劉維新(リュウ・ウェイシン)、ジェイムズ・デヴィッド・ゴールドマーク
製作会社 上海電影集団公司
Wild Bunch (他)
配給 日本の旗 アスミック・エース
公開 中華人民共和国の旗 2003年5月22日
日本の旗 2005年11月12日
上映時間 128分
製作国 中華人民共和国の旗 中国
フランスの旗 フランス
言語 普通話
テンプレートを表示

パープル・バタフライ』(ぱーぷるばたふらい、原題:紫蝴蝶)は、2003年制作の中国フランス合作映画。

ストーリー[編集]

1928年の満州で出会い、恋に落ちた日本人の伊丹と中国人の辛夏(シンシア)。だが伊丹は日本軍に招集され、2人は別れた。時は流れ、1931年、日本軍占領下の上海。辛夏は丁慧(ディンホエ)と名を変え、レジスタンス組織“パープル・バタフライ”のメンバーに、伊丹は日本軍諜報機関のスパイにそれぞれなっていた。一方、上海に住む恋人同士の司徒(スードゥー)と依玲(イーリン)は、“パープル・バタフライ”と日本軍諜報機関の銃撃戦に巻き込まれ、依玲は命を落とす。さらに司徒は両者からマークされる存在となり、丁慧と伊丹に関わることになっていく……。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
辛夏(シンシア)/丁慧(ディンホエ) 章子怡(チャン・ツィイー) 弓場沙織
伊丹 仲村トオル 仲村トオル
司徒(スードゥー) 劉燁(リウ・イエ) 石井揮之
謝明(シエ・ミン) 馮遠征(フェン・ユエンチェン) 吉見一豊
依玲(イーリン) 李冰冰(リー・ビンビン) 花村さやか

スタッフ[編集]

  • 監督: 婁燁(ロウ・イエ)
  • 製作総指揮: 耐安(ナイ・アン)、王薇(ワン・ウェイ)、ジャン・ルイ・ピエール、ヴァンサン・マラヴァル、アラン・ドゥ・ラ・マータ
  • 製作:朱永徳(チュウ・ヨンドァ)
  • 脚本:婁燁(ロウ・イエ)
  • 撮影:王昱(ワン・ユー)
  • 美術:劉維新(リュウ・ウェイシン)
  • 音楽:ボルグ・レンバーグ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]