パラオキシ安息香酸エステル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パラベンの一般的な構造式

パラオキシ安息香酸エステル(—あんそくこうさん—, para-hydroxybenzonate)は、安息香酸エステルのパラ位にフェノールヒドロキシ基を持つ有機化合物群の呼び名である。おもに飲料向けの防腐剤として使用されているが食品医薬品あるいは化粧品防腐剤成分名として掲示する場合に、製品に複数種含まれるパラオキシ安息香酸エステルを総称してパラベンParaben)と呼称される。フェノール部分はを形成するためナトリウム塩などの形で使用される場合もある。

防腐剤として使用される製品名とIUPAC名を次に挙げる

パラオキシ安息香酸エステルは広い種に対して、静菌作用を示し通常はエステル部分の異なるパラオキシ安息香酸エステルを組み合わせて使用される。抗菌活性の強さは、ベンジルブチルプロピルエチルメチルエステルの順といわれている。消毒剤や感染症の治療剤としては用いられない。

関連項目[編集]