バートホルト・カール・ジーマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バートホルト・カール・ゼーマン

バートホルト・カール・ジーマン(Berthold Carl Seemann、1825年2月25日 - 1871年10月10日)は、ドイツ生まれの植物学者である。太平洋南アメリカを調査探検し、多くの植物の収集と記載を行った。

生涯[編集]

ハノーファーに生まれた。1844年にイギリスに渡り、キューガーデンで、植物学を学んだ。ウィリアム・ジャクソン・フッカーの推薦で1847年から行われた、ヘンリー・ケレットのヘラルド号によるアメリカ西海岸、太平洋岸の探検航海に、トーマス・エドモンドソン、ジョン・グッドリッジとともに博物学者として参加した。帰途の途中で、しばらく南アフリカに留まり、テーブルマウンテンに登頂するなどした後、1851年にイギリスに戻った。航海のまとめは"Voyage of HMS Herald"として出版され、1853年にゲッティンゲン大学から博士号を得た。1859年にフィジー諸島を訪れ、フィジーの植物に関する著書を発表した。1853年から1862年の間に植物学雑誌、"Bonplandia"(1853–1862)と"Journal of Botany, British and Foreign"を創刊、編集した。、

1860年代に南米に渡り、1864年にベネズエラ、1866年からニカラグアの調査旅行を行った。パナマやニカラグアで砂糖農園や金鉱の経営を行った。ニカラグアで没した。

著書[編集]

  • Die Volksnamen der amerikanischen Pflanzen (1851)
  • The popular nomenclature of the American flora. Hannover (1851)
  • Die in Europa eingeführten Acacien. Hannover (1852)
  • Narrative of the voyage of H.M.S. Herald and three cruises to the arctic regions in search of Sir John Franklin. London (1852)
  • The botany of the voyage of H.M.S. Herald during the years 1845 to 1851 …. London (1852-1857), Prachtwerk
  • Bonplandia (zusammen mit Wilhelm Eduard Gottfried Seemann), 1853–1862.
  • Popular history of the Palms. London (1856)
  • The British Ferns (1860)
  • Viti. London (1862)
  • Flora Vitiensis. London (1862 ff.)
  • Dottings of the roadside. London (1868)
  • The history of the Isthmus of Panama. Panama (1867, 2. Auflage)

外部リンク[編集]