バルセロナ万国博覧会 (1929年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミース・ファン・デル・ローエ設計のドイツ館(「バルセロナ・パビリオン」)

1929年バルセロナ万国博覧会(バルセロナばんこくはくらんかい, Exposicion International de Barcelona, Expo 1929)は、1929年5月20日から1930年1月15日まで開催された国際博覧会である。カタルニア・モデルニスモの最期と国際的なモダニズム建築が台頭し始めた時期である。

万博会場整備の総指揮者には「不調和のブロック」の当時の三人の建築家のうちから最年少で政治家でもあったプーチが選ばれた。会場はモンジュイックの丘で、1992年のバルセロナオリンピックのメイン会場ともなった。その会場は左右対称の軸線上に壮大な空間を用意していた。そこへ、ドイツ館は、ミース・ファン・デル・ローエの創作で、石・ガラス・水面からできた複数の長方形平面を立体的に構成した最小限の空間的造形となった。このミースパビリオンは、バルセロナ・パビリオンとして知られる建物である。


関連項目[編集]

外部リンク[編集]