バリ (加工)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バリ (英語: burr) とは、材料を加工する際に発生する突起。

概要[編集]

フライス切削や穴あけ研磨旋盤加工などの切断・切削の際に、加工面に生ずる不要な突起をバリと呼ぶ。また、金型成型を行う際に、出来上がった成型品の金型合わせ目に位置した部分に生ずるパーティングラインの、突出が特に著しいものもバリと呼ぶ。

バリは、材料を加工する際に発生する、素材の残材部分である。機械加工では、バリが残っているとまっすぐに固定できない、部品を正しく計測出来ない、怪我や事故に繋がるなどの弊害が発生する。このバリを除去する工程をバリ取り (バリとり、deburring、trimming) と呼んでいる。

バリ取りの作業には、やすりや専用の工具(機械)などによって削り取る、潰す等の機械的な除去方法のほかに、化学研磨電解研磨による除去方法がある[1]

関連用語[編集]

脚注[編集]

  1. ^ エッジドロップ/曲がり/ツイスト/バリ”. JIS規格用語集サイト. 2009年7月閲覧。