バハーウッラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バハー・ウッラー
バハー・ウッラーの聖廟

バハー・ウッラーبهاء الله Bahā' Allāh(現代ペルシア語:Bahā'ollāh, バハー・オッラー) 1817年11月12日 - 1892年5月29日)は、バハーイー教の預言者・教祖である。日本のバハーイー(バハイ)共同体では「バハオラ」と表記されている。もともとの名はミールザー・ホセイン・アリー(Mīrzā Hoseyn Alī)。

生涯[編集]

イランカジャール朝に仕える高級官僚の家系の一員としてテヘランに生まれる。1844年セイイェド・アリー・モハンマド(称号はバーブ)によってバーブ教が起こされると、その信徒になった。政府によるバーブ教弾圧が始まると、逮捕されるが、この獄中生活の最中に、最初の啓示を受け取ったとされる。

1863年、家族とともにイラクバグダードオスマン帝国領)に追放され、さらにイスタンブルエディルネに移されるが、この間に、レズワンの園で自身がバーブが登場を予言した預言者、「神が現し給う者」であると明かす。アラビア語で「神の栄光」を意味するバハー・ウッラーの称号を名乗り、彼自身が神の預言を受けて著した『最も神聖なる書』を教典とする新宗教バハーイー教を興した。このとき、彼の異母弟ミールザー・ヤヒヤーはバハー・ウッラーの地位を認めず兄と訣別したが、バーブ教のほとんどの信徒はバハー・ウッラーの教えを受け入れ、バハーイー教徒になった。

バハー・ウッラーは1868年にオスマン帝国政府によってパレスチナアッカ(アクレ)に流され、投獄された。のちにアッカの牢獄がトルコ政府によって砦として使われることになったので放免。1892年に亡くなるまでアッカの周辺に住んだ。バージの街には晩年彼が過ごした家などが残る。彼の眠るアクレの地はバーハイー教徒にとっての聖地となっている。

バハーイー教では一夫一妻制を定めているが、この原則にもかかわらず、バハー・ウッラーをはじめ初期の教徒たちは多くの場合シャリーアによって容認された一夫多妻制を採用していた。一夫一妻制の原則がバハーイー教徒の間で確立するのは後のことである。

関連項目[編集]