セイイェド・アリー・モハンマド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

セイイェド・アリー=モハンマドペルシア語:سید علی محمد,アラビア語:سيد علي محمد,トルコ語:Seyyid Ali Muhammed、1819年10月20日 - 1850年7月9日)は、イスラーム教シーア派十二イマーム派の宗教改革者、後にバーブ教の開祖、預言者となる。バーブ教を引き継いだバハーイー教でも預言者、開祖ホセイン=アリーの師として崇敬されている。

ハイファにあるバーブ寺院

アリー=モハンマドは預言者ムハンマドの家系に生まれた。彼は1844年5月23日に自らは十二イマーム派の約束されたマフディーの再来であると宣言し、イスラームの自由主義的改革を訴えて支持を集め始めた。これに対して十二イマーム派の聖職者たちはほとんどが激怒し、バーブを異端者、更には背教者と断罪した。

バーブ教徒は十二イマーム派聖職者とその扇動する群衆によって攻撃を受け、両者の間では時に数千人規模の犠牲者をうむ戦闘さえ展開された。アリー=モハンマド自身は1846年以降断続的に拘留され、1850年7月9日に銃殺された。数ヶ月以内に他の多くの直弟子たちも同じ運命をたどった。

バハーイー教はアリー=モハンマドの高弟の一人ミールザー・ホセイン=アリーが自らを彼の後継者、新たなる預言者と宣言して創始したものである。

参考文献[編集]

  • 『バハイ教』-シリーズ世界の宗教-P.R.ハーツ著、奥西俊介訳、青土社出版、2003年

関連項目[編集]