カルバラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カルバラー
كربلاء
Karbala
Kerbela.JPG
カルバラーのモスク
位置
イラク内のカルバラー県の位置の位置図
イラク内のカルバラー県の位置
座標 : 北緯32度37分 東経44度2分 / 北緯32.617度 東経44.033度 / 32.617; 44.033
行政
イラクの旗 イラク
  カルバラー県
 市 カルバラー
地理
面積  
  市域  ?km2
標高 36m
人口
人口 (2003年現在)
  市域 572,300人
その他
等時帯 AST (UTC+3
夏時間 なし

カルバラー (アラビア語: كربلاء‎; Karbalāʾ)は、イラク中部の都市で、イスラム教シーア派聖地カルバラとも表記される。首都バグダードの南にあり、ユーフラテス川に面す。2003年の人口は572300人。

ヒジュラ暦61年のアーシューラーの日に、シーア派の第3代イマームとされるフサインが殉教した場所で、フサインの墓廟(写真)が建てられ、シーア派の人々の巡礼が絶えない聖地となっている。

フサインの墓廟に隣接してシーア派のマドラサ(宗教学校: ホウゼ)があり、イラクにおけるシーア派ウラマー(イスラム法学者など)が集まるシーア派の学問の中心都市でもある。

サッダーム・フセイン政権では、シーア派のイラン人の入国が厳しく制限されていたが、イラク戦争でフセイン政権が崩壊した後は年間100万人の巡礼者が来るようになった。そのため治安情勢の懸念から外国人がほとんど来なくなったイラクの都市の中で経済が良くなった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]