ハーバート・オズボーン・ヤードリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハーバート・オズボーン・ヤードリー

ハーバート・オズボーン・ヤードリー(Herbert Osborne Yardley、1889年4月13日 - 1958年8月7日)は、アメリカ合衆国の暗号学者インディアナ州ワージング生まれ。その著『ブラック・チェンバー 米国はいかにして外交暗号を盗んだか』(1931年)で知られる。

ヤードリーは陸軍情報部第8課(MI-8)「ブラック・チェンバー」の設立者であり、その長であった。 彼のもとで、ブラック・チェンバーの暗号解読者は日本の外交暗号を解読し、1921年から1922年のワシントン会議でアメリカの交渉者を有利な立場に置いた。 のちに中国のナショナリストが日本の暗号を解読するのを助け、カナダ政府が暗号部門を設けるのを助けた。

著書[編集]

翻訳[編集]

  • ハーバート・オー・ヤードリ 『ブラック・チェンバ 米国はいかにして外交秘電を盗んだか?』 大阪毎日新聞社訳、大阪毎日新聞社、1931年(昭和6年)。
  • H・O・ヤードレー 『ブラック・チェンバー 米国はいかにして外交暗号を盗んだか』 近現代史編纂会編、荒地出版社、1991年(平成3年)1月。ISBN 4-7521-0107-6

原書[編集]